菊地裕介(ピアノ) ラヴェル ピアノソロ全曲演奏会

一日にラヴェルの魅力を凝縮

 国際的な活動の一方、後進の指導にも力を注ぎ、自身で楽譜校訂も手掛けるなど、多才を発揮する実力派ピアニストの菊地裕介が、ラヴェルのピアノソロのための全作品を1日で弾き切る意欲的なリサイタルを開く。1994年に日本音楽コンクールで第2位となり、渡欧してパリ国立高等音楽院やハノーファー音大に学んだ菊地。マリア・カナルスやポルト、プーランクの各コンクールで優勝。帰国後も、2010年にはシューマン「ダヴィッド同盟舞曲集」の録音を発表すると同時に校訂譜も出版、同年からはベートーヴェンのピアノ・ソナタ全32曲の録音に取り組み、翌年には2日で全曲演奏するプロジェクトも完遂した。
 今回のステージでは、「古風なメヌエット」「亡き王女のためのパヴァーヌ」など小品から、「鏡」「夜のガスパール」「クープランの墓」など技巧的な組曲まで、多彩な魅力に溢れる全12曲を一気に披露。「全曲を1日で聴くコンサートは滅多に開催されず、充実した機会になるでしょう」と菊地は語っている。
文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年5月号から)

5/17(日)13:00 東京文化会館(小)
5/24(日)14:00 音楽サロン A・PIACERE in 豊田
問:アルペンミュージックオフィス03-5739-1663 
http://www.alpenmusic.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]