Danza2015年5月

【Danza 今月の表紙】
テロ・サーリネン・カンパニー
『MORPHED—モーフト』

6/20(土)、6/21(日) 彩の国さいたま芸術劇場

ヨーロッパのダンス界でいま最も注目される振付家、テロ・サーリネン。コンテンポラリー・ダンスが盛んなフィンランドを代表する振付家で、そのスケールの大きな振付には定評がある。今回、カンパニーの初来日にあたり、同じく現代フィンランドを代表する作曲家・指揮者であるエサ=ペッカ・サロネンの3つの楽曲に振り付けた新作『モーフト』を上演。照明家ミッキ・クントゥとの息の合ったコラボレーションが生み出す、美しい舞台だ。
※P.262掲載のテロ・サーリネンのインタビューもぜひお読みください。

Danza Pre-Stage=Prestige interview

262 テロ・サーリネン(振付家・ダンサー)

264 Catch Up
268 <未来のエトワール> 沖 香菜子
269 エッセイ 乗越たかお『誰も踊ってはならぬ』
270 Danza News
273 5月の前売チケット 4月下旬〜5月末の発売情報
276 5月の公演情報

●いますぐ読む→

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]