Danza2015年3月

【Danza 今月の表紙】
新国立劇場バレエ団2014/15シーズン『こうもり』
小野絢子

4/21(火)〜4/26(日) 新国立劇場 オペラパレス

J.シュトラウスⅡのオペレッタ《こうもり》を、フランスの名振付家ローラン・プティが彼ならではのユーモアと芳醇な香りにあふれた踊りに仕上げたバレエ作品。新国立劇場では2003年からたびたび上演され、今回で4度目の再演となる名作。今回は新国立劇場の誇る4人のプリンシパルが主役を踊る。なかでも注目は2012年に次いで2度目の主役となる小野絢子。
※P.248掲載の小野絢子のインタビューもぜひお読みください。

Danza Pre-Stage=Prestige interview
248 小野絢子(新国立劇場バレエ団プリンシパル)

250 Catch Up
256 エッセイ 乗越たかお『誰も踊ってはならぬ』
257 Danza News
259 3月の前売チケット情報
260 3月の公演情報

●いますぐ読む→

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]