シルヴァン・カンブルラン(指揮) 読売日本交響楽団

全ては刺激的な“新世界”へと向う

 カンブルラン&読響は、いま成熟の域に入っている。昨年12月のメシアン「トゥーランガリラ交響曲」は、それを確信させる名演だった。美しくも密度の濃い響きで、音の綾を精妙に描いたこの演奏は、作品のクラシカルな美感を炙り出し、両者の充実ぶりを如実に知らしめた。彼らは来る3月、同じプログラム(前半は酒井健治の新作)を携えて、12年ぶりの欧州公演に挑む。実にチャレンジングだが、2月に披露されるもう1つのツアー・プログラムも、それに劣らぬほど意欲的だ。
 ひと言で言えば“新世界”プログラム。メインのドヴォルザーク「新世界より」は、作曲者が新天地アメリカから故郷へ宛てた“音楽レター”であり、言うまでもなく日本人の琴線を刺激してきた超名曲である。だが、いかなる曲をも耳新たな音楽としてしまうカンブルランだけに、想像を超えた「新世界」出現の予感が漂う。一方の目玉、バルトークのヴィオラ協奏曲も、母国ハンガリーからアメリカに移った作曲者が、馴染めぬ生活の最期に遺した名品。こちらはソロを弾くニルス・メンケマイヤーが大注目だ。1978年ドイツ生まれの彼は、巨匠バシュメットも一目置く新世代の実力派。先頃ソニーからリリースされたCDも雄弁かつナチュラルな妙演ゆえに、ヴィオラの協奏曲の最高傑作を弾く今回は、ぜひ耳にしたい。さらには武満徹「鳥は星形の庭に降りる」とアイヴズ「答えのない質問」も華を添える。共に20世紀音楽に新世界を切り開いた作曲家&作品。これはもう全てが示唆に富んでいる。
 この刺激的なプログラムを、欧州旅行を前にした覇気漲るコンビで聴くことは、間違いなくエキサイティングな体験となる。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年2月号から)

第545回 定期演奏会 2/13(金)19:00 サントリーホール
第174回 東京芸術劇場マチネーシリーズ 
2/15(日)14:00 東京芸術劇場コンサートホール
問:読響チケットセンター0570-00-4390 
http://yomikyo.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]