「デューク・エリントン・バレエ」のゲストダンサー決定!

photo:鹿摩隆司

photo:鹿摩隆司

牧阿佐美バレエ団の11月公演「デューク・エリントン・バレエ」のゲストダンサーに、ボリショイ・バレエのプリンシパル、マリーヤ・アレクサンドロワが決定した。アレクサンドロワといえば、今年2月に「ノートルダム・ド・パリ」に客演し、厚みある表現力が改めて評価されたバレリーナである。同じくボリショイ・バレエのファーストソリストに昇格したばかりのデニス・サーヴィンも出演するので注目したい。また忘れてならないダンサーとして、ローラン・プティから絶大な信頼を得ていた菊池研もメインキャストに配役されているのでこれは楽しみ。

★牧阿佐美バレエ団 「デューク・エリントン・バレエ」
出演:マリーヤ・アレクサンドロワ、デニス・サーヴィン、菊池研 ほか
●11月10日(土)13:00/18:00、11日(日)14:00・新国立劇場 中劇場

※詳細は下記参照
http://www.ambt.jp/