世界文化賞にエストニア生まれの作曲家、アルヴォ・ペルト

アルヴォ・ペルト・センターにて、エストニア、タリン近郊、2014年

アルヴォ・ペルト・センターにて、エストニア、タリン近郊、2014年 The Arvo Pärt Centre, near Tallinn, Estonia, 2014

 芸術文化の発展に寄与した世界の優れた芸術家を顕彰する第26回「高松宮殿下記念世界文化賞」(主催・公益財団法人日本美術協会)の受賞者がこのほど発表され、音楽部門ではエストニア生まれの作曲家、アルヴォ・ペルトが選ばれた。

 アルヴォ・ペルトは1935年9月11日、エストニア・パイデ生まれ。鈴の音が鳴り続けるように一定のリズムで繰り返す「ティンティナブリ(鈴ならし)」という独特の作曲技法で現代音楽界に独自の存在感を誇る作曲家。ヴァイオリンとピアノのための「タブラ・ラサ」「鏡のなかの鏡」をはじめ、「ヨハネ受難曲」ほか合唱曲の評価も高い。

 音楽部門以外の受賞者は、次の通り。絵画部門:マルシャル・レイス (フランス)、彫刻部門:ジュゼッペ・ペノーネ (イタリア)、建築部門: スティーヴン・ホール(アメリカ)、演劇・映像部門:アソル・フガード (南アフリカ)

 同賞は1988年、日本美術協会の創立100周年を記念し創設、前総裁高松宮殿下の「世界の文化・芸術の普及・向上に広く寄与したい」との遺志にもとづき、絵画、彫刻、建築、音楽、演劇・映像の各分野で、世界的に顕著な業績をあげた芸術家に毎年授与される。
 授賞式は同協会総裁の常陸宮殿下・同妃殿下出席のもと、10月15日(水)に東京・元赤坂の明治記念館で行われる。受賞者に顕彰メダルと賞金1500万円が贈られる。

高松宮殿下記念世界文化賞 www.praemiumimperiale.org

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]