『ピアニストが語る!〜現代の世界的ピアニストたちとの対話』

 ポゴレリチをはじめとする14人の世界的ピアニストへの長時間にわたる、徹底したインタビューを纏めた一冊。原著は、台湾を拠点に世界各地で取材している若き音楽ジャーナリストによる大著『遊藝黒白:世界鋼琴家訪談録』。2007年に台湾で出版され、音楽書としては異例のベストセラーとなった。本書では、原著で行った55人のピアニストへのインタビューから14人を抜粋、3部にわかれたそれぞれのインタビューにまつわるエピソードが「後記」として書き下ろされた。

 翻訳はフリーライターの森岡葉。深い音楽的教養とすぐれた批評精神を背景に、独自の視点できわめて興味深い話を引き出している著者に感銘を受けた森岡が、一部抄訳をインターネットで紹介したところ、全訳を期待する声が高まり、ライター業の傍ら翻訳に取り組んできた。

WEBぶらあぼでは、本書を、読者限定3名様にプレゼント。

【プレゼント応募先】
ハガキ、またはメールにて、
●住所●氏名●年齢●職業●WEBぶらあぼ、または、ぶらあぼfacebookについての感想
をお書きの上、8月3日(日)必着でご応募ください。
当選者の発表はプレゼントの発送をもって代えさせて頂きます。

〒102-0073 千代田区九段北1-3-6 セーキビル4F 東京MDE「ぶらあぼ」編集部
『ピアニストが語る!』プレゼント係
present_bravo@mde.co.jp

■ピアニストが語る!
現代の世界的ピアニストたちとの対話

焦元溥(チャオ・ユアンプー) 著
森岡葉 訳
3200+税
アルファベータ 刊

【登場する14人のピアニスト】
イーヴォ・ポゴレリチ
グウィニス・チェン
エリソ・ヴィルサラーゼ
ドミトリー・バシキーロフ
ナウム・シュタルクマン
オクサナ・ヤブロンスカヤ
ウラディーミル・クライネフ
エリザベート・レオンスカヤ
ミハイル・ルディ
ニコライ・ルガンスキー
ゲルハルト・オピッツ
ラルス・フォークト
レイフ・オヴェ・アンスネス
ピーター・ドノホー

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]