飯森範親(指揮) いずみシンフォニエッタ大阪

親子で楽しめる“現代音楽”


 「現代音楽はコワくない」と、その魅力を紹介し続けている大阪・いずみホールの座付き楽団、いずみシンフォニエッタ大阪(ISO)。今回は、国際的に活躍するチェロの丸山泰雄と、現代作品の名手として知られるピアノの永野英樹を招き、飯森範親指揮で川島素晴の「セロ弾きのゴーシュ」を、同じ編成のサン=サーンス「動物の謝肉祭」と併せて上演する。2004年に子供向けのステージのため、丸山が川島へ委嘱した音楽劇で、宮沢賢治の物語を下敷きに、抱腹絶倒の展開となる。ゴーシュを演じる丸山は「子供向きだと区別せず、あえて本気の音楽創りに。しかし、先入観がない分、直感的に楽しめる」。さらに、舞台回しの太田真紀が大阪出身だけに、川島は「ハジけた舞台になりそう」。また、ISOメンバーの碇山典子と永野、2人の現代ピアノの名手が揃う好機を捉えて、ライヒの快作「ヴァイブ、ピアノ、弦楽器のための変奏曲」を日本初演。川島は「今回のISOは普段にも増して、親子で楽しんでもらえるはず」と語る。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ + Danza inside 2014年7月号から)

第33回定期演奏会
7/12(土)16:00 いずみホール
問:いずみホールチケットセンター06-6944-1188 
http://www.izumihall.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]