Tag Archive for 藤村俊介

【CD】竹田恵子オペラひとりっ切り ―高橋悠治作品集―/竹田恵子&高橋悠治

 2004年にオペラシアターこんにゃく座を退座したのち竹田恵子が立ち上げた「オペラひとりっ切り」シリーズの最新CDには高橋悠冶作曲による4作品を収録。限られた音数によるある種“抑制”された高橋の音楽はそれゆえに聴き手の想像力を大いにかき立てるものがあるが、これに対して竹田の歌は様々な声色と表情を駆使して実に多様な情景を…

【CD】レゾナンス チェロ二重奏 /安田謙一郎&藤村俊介

 N響フォアシュピーラーとして活躍中の藤村俊介を、約半世紀にわたり我が国のチェロ界を牽引してきた安田謙一郎が支えるというパート分担による、師弟コンビのチェロ・デュオ。安田がつくり出す肩の力の抜けた空気感は名匠ならでは。その大きな構えに乗って教え子の藤村が充実の名技を聴かせる、親密さの中に緊張感が混じるいい距離感のコンビ…

安田謙一郎(チェロ)& 藤村俊介(チェロ)

師弟のチェロが織りなす親密な対話  演奏活動と後進の指導の両面で日本の音楽界を築き上げてきた安田謙一郎と、NHK交響楽団の次席奏者としてだけでなくチェロ四重奏団「ラ・クァルティーナ」などでも活躍する藤村俊介。ふたりのトップ・チェリストによるデュオ・アルバム『レゾナンス〜チェロ二重奏〜』がリリースされる。師弟の関係でもあ…

大宮臨太郎(ヴァイオリン)& 藤村俊介(チェロ)

2人の奏者だけでつくるシンプルかつスリリングな音楽  NHK交響楽団のフォアシュピーラーとして活躍するヴァイオリンの大宮臨太郎とチェロの藤村俊介が、デュオ・アルバム第2弾をリリースする。弦楽器2本のミニマムなアンサンブルに接する機会は貴重だ。 大宮(以下、O)「実際、演奏する機会もなかなかないですし、僕はほとんど初めて…

世界中の街角でバッハを演奏〜バッハ・イン・ザ・サブウェイズ

 明日、3月21日(土・祝)は音楽の父・バッハの330回目の誕生日。それを祝い、街角に音楽家が集い、バッハの曲を演奏する活動「バッハ・イン・ザ・サブウェイズ」が世界中で繰り広げられる。  「バッハ・イン・ザ・サブウェイズ」は2010年3月21日、ニューヨークの地下鉄でチェロ奏者のデール・ヘンダーソンが無伴奏チェロ組曲第…

藤村俊介(チェロ)& 安田謙一郎(チェロ)

師弟で紡ぐ絶妙のデュオ  近年、2CELLOSの活躍などで注目を集めているチェロのデュオ。この編成のための作品は、ポップスやロックの編曲だけでなく、バロック時代や近現代にも名曲が多い。この度、マイスター・ミュージックから発表される『チェロ・デュオ』は、その歴史を凝縮した1枚だ。演奏はNHK交響楽団次席奏者の藤村俊介と、…

藤村俊介(チェロ)

リサイタルはピアノ、CDは2台ハープと共演  NHK交響楽団でチェロのフォアシュピーラー(次席奏者)を務める傍ら、ソリストとして、また人気チェロ・クァルテット「ラ・クァルティーナ」のメンバーとしても活躍する藤村俊介。そんな藤村が11月に行うリサイタルは、ブラームスのスケルツォ(F.A.E.ソナタ)&ソナタ第2番、カサド…