Tag Archive for 渡邉康雄

渡邉康雄(ピアノ/指揮)

室内楽的な対話が“弾き振り”の極意だと思います  ピアニスト&指揮者の渡邉康雄がベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番、第5番「皇帝」を弾き振りする。管弦楽は共演歴も長く、互いの呼吸を熟知しているオーケストラ・アンサンブル金沢。渡邉は両曲をすでにさまざまなオーケストラと弾き振りで演奏しており、いずれはベートーヴェンのピアノ…

井上道義(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団

夢と悪夢のグラデーション  井上道義が初めて日本のプロオーケストラの定期公演を指揮したのは、1976年の日本フィル東京定期演奏会だったという。当時のメイン・プログラムはベルリオーズの「幻想交響曲」。そんな縁で結ばれた井上と日本フィルが、40年以上の時を超えてふたたび「幻想交響曲」を演奏する。しかもプログラムがおもしろい…