Tag Archive for 小㞍健太

平山素子(振付家・ダンサー)

“ダンスとリズム”の根源に迫る  日本のダンスシーンの最前線をひた走る平山素子。2008年の『春の祭典』でストラヴィンスキーの代表作を鮮やかに視覚化し、13年の『フランス印象派ダンス Trip Triptych』ではラヴェル、ドビュッシー、サティの名曲を用い洗練の極みといえる秀作を放った。  新国立劇場で行う「音楽シリ…

ストラヴィンスキー・トリプル・ビル

ストラヴィンスキーと“ダンス”のスリリングな出会い  海外とのネットワークを生かして、質の高い現代作品を提供してきた、アーキタンツと愛知県芸術劇場の共同企画・制作により、「ストラヴィンスキー・トリプル・ビル」と題し、『春の祭典』『火の鳥』『兵士の物語』という重厚な3作品を一挙に上演する。11月の名古屋公演を皮切りに、1…

芸劇フェスティバル 東京芸術劇場開館25周年記念コンサート ジョワ・ド・ヴィーヴル ── 生きる喜び

アニバーサリーにふさわしい大胆で斬新なプログラム  1990年10月30日、若杉弘指揮・東京都交響楽団による「第九」で開場した東京芸術劇場。25周年を迎えた今年、すでに6月以降の主催公演を「芸劇フェスティバル」と銘打って祝賀モードに突入しているが、秋以降も、ベルリン・ドイツ交響楽団(10/30)、ロイヤル・コンセルトヘ…

NIDF2015 新潟インターナショナルダンスフェスティバル

日中韓のスペシャリストが繰り広げる祭典  この夏、新潟を舞台にアジアに焦点を当てた国際ダンスフェスティバルが行われる。「東アジア文化都市2015 新潟市」事業の一環である「NIDF2015 新潟インターナショナルダンスフェスティバル」は、新潟市文化創造アドバイザーの金森穣(Noism芸術監督・演出振付家)がアーティステ…

『テラスキニ』KENTARO!!・小㞍健太

異色コンビが再登場  2013年3月にアーキタンツ・スタジオ パフォーマンスシリーズvol.3として初演を迎え、好評を博した『テラスキニ』。小㞍健太とKENTARO!!という異色コンビのデュオ作品が、この秋待望の再演を迎える。  ネザーランド・ダンス・シアターのメンバーとして数々のコンテンポラリー作品を踊ってきた小㞍健…

昭和音楽大学短期大学部 バレエ特別公演 〈未来へつなぐ ―日本の「静」「動」「美」〉

若い才能とプロたちの競演  毎年バレエ界に優秀な人材を送り出している、昭和音楽大学短期大学部バレエコース。バレエの実技のほか、バレエ史や解剖学ほかの座学や音楽などを学ぶことができる。このバレエコースの特別公演として、豪華な振付家・出演者と在学生によるトリプルビルが行われる。テーマは〈未来へつなぐ —日本の「静」「動」「…

JAPON dance project TOKYO 2014『CLOUD/CROWD』

海外で活躍中のダンサー・振付家に会えるチャンス  世界的に活躍する日本人ダンサーと振付家5人が2013年5月から始めたJAPON dance project。モナコ公国を拠点として共同制作を開始し、すでに4作品を発表。世界で活躍した経験を元に、日本文化独自の視点でクリエイションされた作品は刺激的と注目を集めている。今回…