Tag Archive for 吉田誠

【CD】藤倉大:タートル・トーテム

 今回も藤倉大の倦むことを知らない能産性に圧倒させられた。フル編成の管弦楽曲、協奏曲を含む全6曲。アイディア満載の楽曲が収録可能時間いっぱいに繰り広げられる。藤倉は各奏者との緊密なコラボを通じて聴き手の身体性を喚起するユニークな表現領域を開拓してきたが、ブックレットの対談を読み、録音の編集作業まで自分でこなしていること…

城への招待 〜吉田 誠、川久保賜紀、福間洸太朗 Special Guest 鈴木紗理奈〜

音楽と物語の相乗効果が引き出す未知の快楽  国内外でソロ、室内楽と幅広く活躍する新時代のクラリネット奏者、吉田誠がHakuju Hallのために意欲的な公演をプロデュースする。ヴァイオリンの川久保賜紀、ピアノの福間洸太朗という強力な共演者を得て、実に興味深いプログラムが組まれた。  クラリネット、ヴァイオリン、ピアノと…

吉野直子の室内楽 〜ハープで織り成す近現代フランス音楽の世界〜

名手たちが集って醸すフランス音楽の華やぎ  名実ともに日本のハープ界を牽引してきた第一人者であり、世界的な名手や巨匠たちと共演を重ね続けている吉野直子。長きにわたり最前線で活躍し続けるハーピストが、気心の知れた日本の仲間たちとの共演で、ハープにまつわるフランスの室内楽作品を集めて贈る舞台が、3月に銀座のヤマハホールで実…

夜クラシック Vol.13 福間洸太朗(ピアノ) 吉田 誠(クラリネット)

知的でクリエイティブな奏者によるフレンチ・プログラム  通常の演奏会より遅めの19時半開演、トークをはさむ親しみやすいスタイルでありつつ、クラシックファンも大満足の充実した内容で人気の、文京シビックホール『夜クラシック』。Vol.13には、クラリネットの吉田誠とピアノの福間洸太朗が登場する。  共演は昨年以来2度目。吉…

鈴木優人(調布国際音楽祭エグゼクティブ・プロデューサー)

国内外に強くアピールする音楽祭を目指して  今年で5年目を迎える調布音楽祭は「調布国際音楽祭」と“国際”を加えた名称に変更した。しかし、同音楽祭は当初より、世界的に評価の高いバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)を中核とし、海外からのアーティストを数多く迎えている。  「僕としては初めから“国際”を意識していましたし、…

川田知子(ヴァイオリン)

女性二人で聴かせる洗練されたデュオ 小林道夫、中野振一郎、福田進一、松本望といった名手との多彩な録音で知られるヴァイオリンの川田知子が、約3年ぶりに新譜を発表した。今回は「カワダ・トモコ・デュオ」というヴァイオリン・デュオ名義で、共演は会田莉凡。2010年のルーマニア国際音楽コンクールや、12年の日本音楽コンクールを制…

清水和音(ピアノ)・横坂 源(チェロ)・吉田 誠(クラリネット) Mostly Brahms! ブラームス室内楽の極み

達人と気鋭が至高の名品で初コラボ  30余年第一線に立つ日本屈指のピアニスト・清水和音は、室内楽の稀代の名手でもある。共演者を引き立てながら個の光を放つピアノは絶妙の一語。何より音楽に生彩をもたらす点で比類がない。そんな彼が、チェロの横坂源、クラリネットの吉田誠と共に、ブラームスの室内楽を披露する。2010年に難関のミ…

『ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2015 』が福島で開催

 一昨年宮城県松島町で、昨年仙台市で行われた『ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ』が今年は福島市で開催される。開催期間は、10月24日〜11月3日。日本での開催は今年が最後となる。  このフェスティバルは、音楽を通じて東日本大震災からの復興を支援するために、スイスのルツェルン・フェスティバルの働きかけによって実…