夜クラシック Vol.13 福間洸太朗(ピアノ) 吉田 誠(クラリネット)

知的でクリエイティブな奏者によるフレンチ・プログラム

 通常の演奏会より遅めの19時半開演、トークをはさむ親しみやすいスタイルでありつつ、クラシックファンも大満足の充実した内容で人気の、文京シビックホール『夜クラシック』。Vol.13には、クラリネットの吉田誠とピアノの福間洸太朗が登場する。
 共演は昨年以来2度目。吉田が「クラリネットのデュオ作品はピアノも内容が濃いので、絶対いいピアニストと演奏したい」と福間に声をかけたことで実現に至ったそう。
 オープニングテーマ曲の「月の光」に続くプログラムとして、ともにパリ国立高等音楽院留学経験のある二人が選んだのは、フランスにかかわりのある作品たち。それぞれのソロも楽しみだが、特に期待が膨らむのはデュオの演奏。独特の色彩があふれるサン=サーンスのクラリネット・ソナタ、舞曲的要素の強いミヨーの「協奏的二重奏曲」や武満徹の「ワルツ」など、それぞれで鋭敏な感性を発揮してくれるだろう。刺激を与えあう知的でクリエイティブな二人の共演、お聴き逃しなく。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ 2017年4月号から)

6/30(金)19:30 文京シビックホール
問:シビックチケット03-5803-1111 
http://bunkyocivichall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]