Tag Archive for 井上雅人

【ゲネプロレポート】グランドオペラ共同制作《トゥーランドット》

「オペラが帰ってきた!」ことを実感できる絢爛たる舞台、声、ダンス  プッチーニの絶筆となったオペラ《トゥーランドット》。アリア〈誰も寝てはならぬ〉の存在と相まって知名度の高い人気作だが、なかなか複雑な作品である。女奴隷のリューが主人のカラフを守るために自害する場面までを作曲してプッチーニが急死してしまい、残りはアルファ…

テイツィアーナ・ドゥカーティ(ソプラノ) オペラコンサート

《トスカ》ハイライトなどを至宝の美声で  名だたる声楽コンクールで「出場すなわち優勝」と言われるほどの輝かしい実績を重ね、ヨーロッパ中の檜舞台で活躍するソプラノのテイツィアーナ・ドゥカーティ。日本の音楽ファンの前に再び降り立ち、イタリア伝統のベル・カントと幅広い表現力を備えた、至宝の美声を聴かせる。  今回は、昨年4月…

ペドロ・アルフテル(指揮) 新日本フィルハーモニー交響楽団

“ラテン系”音楽のカラフルな魅力が全開  新日本フィルは今シーズンから3つのシリーズで定期公演を行っている。その一つ「ルビー」は金曜日と土曜日の午後2時に開演される、つまりマチネーの公演である。  その第6回目は指揮にペドロ・アルフテルを迎える。彼は1971年スペインのマドリード生まれ。ドイツで基礎を学び、ウィーン国立…

井上雅人(バリトン)

フィンランドの歌曲は日本人に愛されると思います  7月28日に初アルバム『人生に』をリリースするバリトンの井上雅人。7月24日には、今年5月にアルバム録音を行ったsonoriumの後援で、同ホールにて記念リサイタルを行う。アルバムは前半にオペラ・アリアやイタリア歌曲、後半には珍しいフィンランドの作曲家の作品が並ぶが、記…

sonorium「映像と音楽」 共催シリーズ2016

歌と美しい映像のマリアージュ  sonoriumは東京・永福町の閑静な住宅街の一角に佇む、理想的な音響とモダンでありながら温かな雰囲気を兼ね備えた小ホール。ここを舞台に2010年から選考企画7作品に共催補助金を提供して、2月~7月の期間に開催されている『映像と音楽』は、ステージ後ろの高さ6メートルの白壁をスクリーンとし…

sonorium 『映像と音楽』 共催シリーズ 2014 フィンランドの風

北欧の美しきサウンドを映像と共に  sonoriumは東京・永福町の閑静な住宅街の一角にある、理想的な音響と温かな雰囲気を兼ね備えた小ホール。その白壁に映像を投影し、質の高い演奏を楽しむシリーズ『映像と音楽』は今年で5年目に。今回は、オペラの檜舞台で活躍する一方、フィンランド歌曲の紹介に力を注ぐバリトンの井上雅人と、リ…