Tag Archive for 三澤洋史

レンズを通した世界を描く〜新国立劇場《魔笛》

 10月3日、新国立劇場の2018/19シーズンがモーツァルトのオペラ《魔笛》で開幕する。大野和士オペラ芸術監督による第1シーズンとなる。  演出は、1980年代末から「動くドローイング」とも呼ばれるアニメーションを制作、『プロジェクションのための9つのドローイング』で世界的な注目を集め「素描とアニメーション等を融合さ…

【特別インタビュー】シルヴァン・カンブルラン(読売日本交響楽団常任指揮者)

読響との集大成となる9つのプログラム  精緻な彫琢で読響に新時代をもたらしたカンブルランが、2018/19年に常任指揮者として最後のシーズンを迎える。彼は3回来日し、9つのプログラムを披露。内容は多彩かつ意味深い。 (取材・文:柴田克彦 写真:M.Terashi/TokyoMDE) 「全体には2つの観点があります。1つ…

サイモン・ラトル(指揮) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ベートーヴェン交響曲全曲演奏会

ベートーヴェンに聴くラトル&BPOの集大成  東京は今や世界有数の音楽都市。海外トップ・オーケストラの大型プロジェクトも珍しくなくなった。一昨年はウィーン・フィルがティーレマンらとベートーヴェン交響曲&ピアノ協奏曲ツィクルスを敢行し、来年頭にはバレンボイム&シュターツカペレ・ベルリンがブルックナー・ツィクルスを予定して…

新国立劇場オペラ鑑賞教室に1都8県、54校からおよそ9000名が参加

 去る7月9日〜15日、平成26年度 新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室《蝶々夫人》が開催された。  「新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室」は、現代舞台芸術の一層の普及をめざす新国立劇場が、若い世代が優れた生の舞台を鑑賞できるよう、平成10年度から毎年開催しているもので、「初めてのオペラこそ本物の芸術を体験…

新国立劇場《ホフマン物語》稽古場レポート vol.3

11月28日から上演の新国立劇場《ホフマン物語》の稽古場に潜入! 普段なかなか観られない稽古風景を取材しました。 最終回は第4幕ジュリエッタ、第5幕エピローグの稽古から。本番前のゲネプロ(最終総稽古)を前に、稽古場所をこれまでのリハーサル室からステージに移しての稽古。 *写真はクリックすると拡大します。 (Photo:…