Tag Archive for バルセロナ交響楽団

ソニー音楽財団「10代のためのプレミアム・コンサート」

子どもたちにクラシックの名曲&名演奏を体験してほしい  公益財団法人ソニー音楽財団は、「0才まえのコンサート®」、「Concert for KIDS〜0才からのクラシック®〜」、「同〜3才からのクラシック®〜」など様々な子どもたちのためのコンサートを主催しているが、小学生以上を対象とした「10代のためのプレミアム・コン…

【ゲネプロレポート】オペラ夏の祭典《トゥーランドット》が開幕!

スペクタクルだが細部で作り込まれた、全方位に隙のない圧倒的な舞台 取材・文:香原斗志 撮影:寺司正彦  新国立劇場のオペラ芸術監督、マエストロ大野和士の総合プロデュースの下、東京文化会館と新国立劇場が初めてタッグを組んで上演される「オペラ夏の祭典2019‐20 Japan↔Tokyo↔Wor…

10代のためのプレミアム・コンサート 大野和士(指揮) バルセロナ交響楽団

子どもたちに“最高級”のステージを届けたい  次世代を担う10代の子どもたちにクオリティの高い音楽を聴いてほしい。そんな願いが込められているシリーズが、ソニー音楽財団による「10代のためのプレミアム・コンサート」。毎年多くの公演が開催されているが、この7月には大野和士指揮バルセロナ交響楽団が登場する。世界的指揮者と彼が…

大野和士(指揮)

特別な機会に響く渾身の「第九」  世界的指揮者・大野和士は、この7月、手兵バルセロナ交響楽団と共に、Bunkamura30周年の記念公演を行う。24年ぶりに来日する同楽団はスペインの代表格の一つ。大野は2015年9月から音楽監督を務めている。 「12年に初共演した際の公演がその年のベストだったことから『ぜひ』とオファー…

オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World プッチーニ《トゥーランドット》(東京文化会館公演)

国内外最高峰の演奏家が集結する一大イベント    オリンピック・パラリンピック・イヤーの2020年に向けて、東京文化会館と新国立劇場という日本を代表する2つの劇場が共同制作を行う「オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World」。その第一弾として、2019年はプッ…

新国立劇場 オペラ2018/19シーズン

大野和士新芸術監督が打ち出す新機軸 新国立劇場2018/19シーズンのオペラ公演のラインナップが発表された。モネ劇場、リヨン歌劇場などのポストを歴任し、世界の歌劇場の最前線を知る大野和士の芸術監督就任で、同劇場が“世界の劇場の潮流”へとさらなる発展を遂げるであろう期待が高まる。会見での言葉を引用しつつ、新シーズンの注目…

都と国が共同でオペラを制作〜オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World

 東京2020オリンピック・パラリンピックにあわせ、「オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World」が行われる。国際的オペラプロジェクトとして、東京文化会館、新国立劇場が共同で制作、さらにびわ湖ホールと10月に開館する札幌文化芸術劇場(札幌市民交流プラザ)が連携する。去る12月、制作発表会見が都内で…

大野和士 バルセロナ交響楽団音楽監督に就任

 指揮者の大野和士が2015年9月からバルセロナ交響楽団の音楽監督に就任することが決まった。23日に行われた記者会見で明らかにした。  今回の就任について同楽団ジェネラル・マネージャーのフランソワ・ボウ氏は「大野のオーケストラを啓発し、発展させる能力、また彼の成熟度と経験、幅広いレパートリーへの見識、国際的な知名度、そ…