ソニー音楽財団「10代のためのプレミアム・コンサート」

子どもたちにクラシックの名曲&名演奏を体験してほしい

スウェーデン放送合唱団
©Kristian Pohl

 公益財団法人ソニー音楽財団は、「0才まえのコンサート®」、「Concert for KIDS〜0才からのクラシック®〜」、「同〜3才からのクラシック®〜」など様々な子どもたちのためのコンサートを主催しているが、小学生以上を対象とした「10代のためのプレミアム・コンサート」には世界的に活躍するアーティストが登場し、特別なプログラムが組まれる。

 7月の大野和士×バルセロナ交響楽団は、彼らの国スペインのファリャ「三角帽子」第2組曲を東京シティ・バレエ団の舞踊とともに演奏。8月のパーヴォ・ヤルヴィ&N響の《フィデリオ》では、ワークショップが開催される。そして、11月にはスウェーデン放送合唱団が、ペーター・ダイクストラの指揮のもと、モーツァルト「レクイエム」(抜粋)、ヘンデル「ハレルヤ・コーラス」、武満徹編曲「さくら」などのスペシャル・プログラムを披露する。世界最高峰のプロフェッショナル合唱団のハーモニーがどれほどふだんの合唱と違うのか、子どもたちに体験させたい。
文:山田治生
(ぶらあぼ2019年8月号より)

ソニー音楽財団「10代のためのプレミアム・コンサート」
大野和士×バルセロナ交響楽団
2019.7/29(月)18:00 サントリーホール

パーヴォ・ヤルヴィ&N響 《フィデリオ》鑑賞&特別体験プログラム
2019.8/26(月)、8/27(火)、9/1(日) Bunkamuraオーチャードホール 他(申込受付終了)

スウェーデン放送合唱団
2019.11/27(水)19:00 紀尾井ホール

問:ソニー音楽財団03-3515-5261 
http://www.smf.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]