Tag Archive for オレリー・デュポン

【会見レポート】勅使川原三郎が4月より愛知県芸術劇場の芸術監督に就任

 ダンサー、振付家の勅使川原三郎が、4月より愛知県芸術劇場の芸術監督に就任する。任期は2024年3月までの4年間。1月30日、勅使川原のほか、愛知県文化振興事業団理事長の菅沼綾子、同劇場館長の丹羽康雄が登壇し、勅使川原の拠点である東京・荻窪のカラス・アパラタスにて会見を行った。  中部圏を代表する芸術文化拠点、愛知県芸…

世界のトップダンサーが集結!〜『第15回世界バレエフェスティバル』会見

 世界の旬のトップダンサーが一堂に集まり開催されるバレエの祭典『世界バレエフェスティバル』(以降、WBF)。8月1日から2週間にわたり繰り広げられる祝祭を前に7月30日、髙橋典夫・日本舞台芸術振興会専務理事、特別協賛の株式会社コーセー 小林一俊・代表取締役社長、現時点で来日している出演ダンサー34名が登壇し、会見が行わ…

女性ダンサーのコメント〜第15回世界バレエフェスティバル

【女性ダンサーのコメント】 *写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 (2018.7/30 東京文化会館 Photo:J.Otsuka/Tokyo MDE) ※男性ダンサーのコメントはこちら オレリー・デュポン パリ・オペラ座バレエ団芸術監督  Aプロのみ出演 今回はアラン・ルシアン・オイエンの作品をダニエル・プ…

第15回 世界バレエフェスティバル

スターたちが集結!再考に豪華なバレエの祭典  世界の旬のスター・ダンサーたちが一堂に会する『第15回 世界バレエフェスティバル』がこの夏開催される。1976年以来3年に1回のペースで行われ、「バレエのオリンピック」と称されるこの催しも今年で42年目。ガラ公演は多くなったが、これほど息の長い企画も世界的に珍しい。過去には…

【会見レポート】若きスターが集結!〜オペラ座&ロイヤル 夢の共演〈バレエ・スプリーム〉

 バレエ界の頂点に君臨する2大バレエ団——パリ・オペラ座バレエ団と英国ロイヤル・バレエ団の精鋭が集い、技を競いあうガラ公演『オペラ座&ロイヤル夢の共演〈バレエ・スプリーム〉』が7月、文京シビックホールで上演される。これに先立ち3月4日、来日公演中のパリ・オペラ座バレエ団より、芸術監督のオレリー・デュポンと、出演予定のミ…

【会見レポート】パリ・オペラ座バレエ団 まもなく日本公演開幕!

 パリ・オペラ座バレエ団2017年日本公演が3月2日(木)より始まり、『ラ・シルフィード』と〈グラン・ガラ〉の2演目が上演される。2月27日(月)、開幕を前に記者会見が行われ、パリ・オペラ座総裁のステファン・リスナー、アマンディーヌ・アルビッソン(エトワール)、レオノール・ボラック(同)、マチアス・エイマン(同)、ジョ…

【会見レポート】オレリー・デュポン 〜パリ・オペラ座バレエ団日本公演

 “バレエの殿堂”パリ・オペラ座バレエ団の2017年日本公演が3月2日に開幕し、『ラ・シルフィード』と<グラン・ガラ>の2演目が上演される。これに先立ち2月21日、芸術監督オレリー・デュポンの会見が行われた。 (2月21日 Bunkamuraオーチャードホール 取材・文:高橋森彦 Photo:J.Otsuka/Toky…

オレリー・デュポン(ダンサー、パリ・オペラ座バレエ団芸術監督)

新・芸術監督デュポンが目指す“バレエの殿堂”の未来 【出演者変更】 マチュー・ガニオとエルヴェ・モローが怪我のため3月の日本公演に不参加となりました。これにともない、日本公演の配役の変更が生じております。 詳細はこちらよりご確認ください。  来年3月、パリ・オペラ座バレエ団を率いて、オレリー・デュポンが芸術監督として来…

第14回 世界バレエフェスティバル

まさにバレエ界の“いま”を俯瞰する祝祭  3年に一度、バレエファンを熱狂させる世界バレエフェスティバル。そのメインイベントは、40人近くが出演するA・B2種類のミックス・プロだ。ルグリやマラーホフ、ヴィシニョーワ等の常連に加えて、マチアス・エイマンやデヴィッド・ホールバーグ等が初参加する。世代交代が進むバレエ界の“いま…