Tag Archive for ウィーン国立歌劇場

第18回 世界オペラ歌唱コンクール 「新しい声2019」オーディション in YOKOSUKA、9月に開催

 若い才能の発掘、そして彼らに国際的なキャリアの道を開くことを目的に、ドイツのベルテルスマン財団が1987年より2年に一度開催するコンクール「新しい声 NEUE STIMMEN」が今年も行われる。近年ではフランコ・ファジョーリやマリーナ・レベカなどを輩出した同コンクールは、何よりもその規模の大きさで知られ、前回は世界7…

OTTAVAがウィーン国立歌劇場と提携、動画配信事業をスタート

 インターネットラジオステーションのOTTAVAは、4月18日にウィーン国立歌劇場デジタル部門とパートナーシップを締結。5月9日よりウェブ動画配信サービス「OTTAVA.TV(オッターヴァ ドット ティービー)」を開局し、動画配信事業を開始した。  5月から6月にかけて、同局で視聴可能なウィーン国立歌劇場のラインナップ…

北村朋幹(ピアノ)

得るもの大なるウィーンの音楽家との共演  10代から第一線で活躍してきた俊才ピアニスト・北村朋幹。2011年ベルリン芸術大学に留学して以来、当地を拠点とする彼は今、新たなステップを踏み出している。 「イェスパー・クリステンセンという素晴らしい音楽家に出会ったのをきっかけに、昨秋からフランクフルト音楽・舞台芸術大学で新た…

安藤赴美子(ソプラノ)

モーツァルトとオペレッタの名アリアを極上のアンサンブルとともに  「トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン」はウィーン国立歌劇場やウィーン・フィルのメンバーを中心に特別編成された室内オーケストラ。2000年以降、ほぼ毎年のように世界最高水準の演奏を各地に届けてきた。今年も全国7都市で8公演の開催が決定。このうち4公演…

2月のクラシカ・ジャパンの見どころ

 日本で唯一のクラシック音楽専門TVチャンネルクラシカ・ジャパン。2月の番組のなかから、注目の番組を紹介する。 ◆<ヨーロッパ直送宣言!> ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』 初回放送2月25日(日)21:00〜23:00  クラシカ・ジャパンの番組内でも注目度の高い〈ヨーロッパ直送宣言〉。2018年最…

フィリップ・ジョルダン(指揮)

 7月31日、「フィリップ・ジョルダンが2020年からウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任」というニュースが世界に発信されると、クラシック音楽界は大きな驚きと期待に包まれた。現在、パリ国立オペラの音楽監督とウィーン交響楽団の首席指揮者を兼任するジョルダンが、楽壇の最高のポストの一つに就くことが決まったのである。  もっと…

クラシカ・ジャパンが、大型の無料放送『クラシカ音楽祭』を開催!

 日本で唯一のクラシック音楽専門TVチャンネル「クラシカ・ジャパン」が、5月5日から7日までの3日間、大型無料放送「クラシカ音楽祭」を実施する。  「クラシカ音楽祭」は、5月から「クラシカ・ジャパン」でスタートする新テーマ「クラシック・スター名鑑」を記念した特別編成で放送。プラシド・ドミンゴ、グスターボ・ドゥダメル、ア…

マルクス・アイヒェ(バリトン)〜WEBぶらぼ特別篇

 ウィーン国立歌劇場日本公演の《ナクソス島のアリアドネ》で若々しく知的な音楽教師を歌い演じたマルクス・アイヒェ。2017年春に再び来日し、同じヤノフスキの指揮で今度はワーグナー《神々の黄昏》を歌うことになる。 「ヤノフスキさんは素晴らしい指揮者ですね。リハーサルでは細部まで厳密さを追求し、練り上げていきます。細かいリズ…

『クラシカ音楽祭〜ようこそJAPAN〜注目アーティスト、もっと魅せます!』

 日本で唯一のクラシック音楽専門TVチャンネル「クラシカ・ジャパン」が、11月18日から20日までの3日間、「クラシカ音楽祭」を実施する。題して「ようこそJAPAN〜注目アーティスト、もっと魅せます!」  期間中は無料放送で、この秋から年始にかけて来日するアーティストたちの、ヨーロッパでの活躍を紹介、来日公演とは一味違…