第18回 世界オペラ歌唱コンクール 「新しい声2019」オーディション in YOKOSUKA、9月に開催

 若い才能の発掘、そして彼らに国際的なキャリアの道を開くことを目的に、ドイツのベルテルスマン財団が1987年より2年に一度開催するコンクール「新しい声 NEUE STIMMEN」が今年も行われる。近年ではフランコ・ファジョーリやマリーナ・レベカなどを輩出した同コンクールは、何よりもその規模の大きさで知られ、前回は世界76ヵ国から1430人の歌手が出場するなど、“声楽のオリンピック”の呼び名にふさわしい。本選には、ウィーン国立歌劇場総裁ドミニク・マイヤーなど、審査員に豪華な顔ぶれが揃うのも特徴だ。「アジア地区予選」は9月1日と2日、よこすか芸術劇場で開催される(両日とも無料一般公開)。この予選の後、世界26都市からの通過者約45名がドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州ギュータースローで本選(10/19〜10/27)を迎える。

横須賀芸術文化財団
https://www.yokosuka-arts.or.jp/
https://www.yokosuka-arts.or.jp/education/opera/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 【残席わずか!】MMM講座「ハプスブルク帝国の威力を、美術、音楽、料理を通して知る」11/29(金)開催
      on 2019/11/22 at 04:45

      「ハプスブルク帝国の威力を、美術、音楽、料理を通して知る」をテーマに 音楽と美術とワインを楽しむ夕べを開催いたします! イベント概要 2019年10月19日(土)から 2020年1月26日(日)まで国立西洋美術館で開催されているハプスブルク展600年にわたる帝国コレクションの歴史」展(DNP協賛)。 今年は日本とオーストリアの国交樹立150周年記念の一年であったため、クリムトなどオーストリアの美術 [&#8230 […]