ぶらあぼ 2014年6月

【今月の表紙】
五嶋 龍
日本を代表するヴァイオリニスト・五嶋龍が、夏にレナード・スラットキン&フランス国立リヨン管、秋にはケント・ナガノ&モントリオール響と共演する。プログラムは前者がラロの「スペイン交響曲」、後者がストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲だ。五嶋と世界有数のオーケストラ2団体との共演を1年に2度も味わえるこの機会、見逃すわけにはいかない!

インタビュー
ぷれすてーじインタビュー

24 荘村清志(ギター)
26 有田正広(指揮)&豊嶋泰嗣(ヴァイオリン/ソロ・コンサートマスター)

ぴっくあっぷインタビュー
30  金子三勇士(ピアノ)
34  ヴェッセリーナ・カサロヴァ(メゾソプラノ)
40  三輪郁(ピアノ)
47  垣岡敦子(ソプラノ)
54  須藤慎吾(バリトン)
60  シャーロット・ド・ロスチャイルド(ソプラノ)
64  ニュウニュウ(ピアノ)

新譜この人いちおし
176  水永牧子(チェンバロ)

特集
69  ぶらあぼ 創刊20周年

公演案内
30  ぴっくあっぷ
157  6月の前売りチケット 5月下旬〜6月末の発売開始チケット情報
206  6月の公演情報 6月の注目公演&全国のコンサート情報
195  海外公演情報
178  新譜ぴっくあっぷ
184  NEW DISC 新譜紹介 国内盤と輸入盤新譜情報

食べる音楽/彌勒忠史 191
小耳大耳 クラシック界のニュースと話題 172
クリッピング 2014年3月の新聞記事から 175
テレビ・FM 5月のクラシック番組 192
ブックス クラシック新刊情報 194
ぶらPAL 読者のページ 204

いますぐ読む→

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 【レポート】武蔵野音楽大学 管弦楽団合唱団演奏会「荘厳ミサ曲」リハーサル取材
      on 2019/11/15 at 01:00

      若い学生たちが巨匠のタクトで ベートーヴェン「荘厳ミサ曲」に挑む    今年創立90周年を迎えた武蔵野音楽学園。初期には武蔵野音楽学校として認可され、戦後には音楽大学音楽学部としていち早く設置認可されるなど、昭和初期から激動の時代を乗り越え、永く日本の音楽界の重要な礎となってきた学び舎であり、ここから巣立った名音楽家も数多い。    90周年を記念する演奏会として開催されるのが、12月の「武蔵野音 [&#8230 […]