長原幸太、読響コンサートマスターに就任

 読売日本交響楽団(読響)は1日、2014年10月1日から新コンサートマスターに長原幸太が就任すると発表した。これにより、2014年10月以降のコンサートマスターは、日下紗矢子、小森谷巧、ダニエル・ゲーデをふくめた4人体制となる。
 
 長原は、1981年、広島県呉市生まれ。2004年9月、大阪フィルハーモニー交響楽団首席客演コンサートマスターに就任、2006年4月から2012年3月まで首席コンサートマスターを務めた。

 今回の就任に際し長原は「20代から共演するなど思い入れのあるオーケストラで、責任あるコンサートマスターを務めることを、大変光栄に思っております。お客様に満足いただけるよう、オーケストラの皆様と共により良い演奏を目指し、日々精進して参ります」と語っている。

 長原は就任に先立ち、2014年5月10、12、17日、6月30日にゲスト・コンサートマスターとして出演予定。就任後の初登場は10月8日(指揮:スクロヴァチェフスキ 会場:東京芸術劇場)を予定している。

読売日本交響楽団 http://yomikyo.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
      on 2019/09/20 at 23:30

      text:室田尚子 illustration:桃雪琴梨 前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位 [&#8230 […]