第4回たかまつ国際古楽祭(9/25〜26)概要発表

コンソーネ・クァルテットが初来日!

香川県高松市で2017年から行われている「たかまつ国際古楽祭」(主催:たかまつ国際古楽祭実行委員会)の今年の開催概要が発表された。同音楽祭は、高松市出身でベルギー在住のフルート、フラウト・トラヴェルソ奏者、柴田俊幸が芸術監督を務めている。昨年はコロナ禍で中止を余儀なくされたが、毎年ヨーロッパからも旬のアーティストを招聘するなど、国内外のさまざまなアーティストが参加し、国内有数の古楽フェスティバルへと成長してきた。

柴田俊幸
コンソーネ・クァルテット

今年は、高松市が共催に加わり、香川県文化会館をメイン会場として9月25日(土)、26日(日)の2日間にわたり開催される。イギリスから、初来日となる若手の実力派弦楽四重奏団「コンソーネ・クァルテット」を招聘。また、小倉貴久子(フォルテピアノ)、西山まりえ(ヒストリカル・ハープ)、鈴木大介(ギター)といった話題のアーティストたちも登場する。バッハとベートーヴェンをオマージュしたジャズライブも行われるなど、幅広いプログラムが組まれた。また、子ども向けの楽器製作ワークショップや親子コンサートも予定されている。

そのほか、歴史料理研究家を招いて、世界各地で過去に食された料理を再現する試み「音食紀行」のイベントでは、地元の食材を用い、ベートーヴェンが食べていたかもしれない料理を楽しむことができるという。瀬戸内海を臨む温暖な気候風土が魅力の高松ならではの音楽の祭典となりそうだ。

【Information】
第4回たかまつ国際古楽祭
2021.9/25(土)
◎音食紀行 in 香川!ベートーヴェンの食事が香川の食材とマリアージュ
◎西山まりえヒストリカル・ハープコンサート
◎スガダイローLive バッハとベートーヴェンをオマージュした即興演奏

9/26(日)
◎小倉貴久子コンサート
◎鈴木大介 × 柴田俊幸デュオ
◎コンソーネ・クァルテット コンサート

会場:穴吹邸、茶室 美藻庵・晴松亭、香川県文化会館、高松市美術館
(以上は、プログラムからの抜粋。詳細は後日発表予定)

たかまつ国際古楽祭
https://www.mafestivaltakamatsu.com