吉田都・新国立劇場 舞踊芸術監督が、21/22シーズン ラインアップを発表

 新国立劇場は3月2日、2021/22シーズンラインアップ説明会を行い、吉田都・舞踊芸術監督が登壇した。
 吉田にとっては2シーズン目となる新シーズンは、バレエ6演目、ダンス3演目を上演。うち新制作は3演目4作品で、昨年10月に就任第1作目として上演を予定していたピーター・ライト版『白鳥の湖』(新制作)で開幕する。
(2021.3/2 新国立劇場 オペラパレス Photo:J.Otsuka/ぶらあぼ編集部)

*大野和士・オペラ芸術監督より同日発表されたオペラ ラインアップ会見の模様はこちら

【バレエ】
●『白鳥の湖』(新制作)
(21年10〜11月、振付:マリウス・プティパ、レフ・イワーノフ、ピーター・ライト)
●『くるみ割り人形』(21年12月〜22年1月、振付:ウエイン・イーグリング)
●『ニューイヤー・バレエ』(21年1月)
 夏の夜の夢(新制作) / テーマとヴァリエーション
●吉田都セレクション(22年2月)
 精確さによる目眩くスリル(新制作) / ファイヴ・タンゴ(新制作) / 『こうもり』より「グラン・カフェ」
●『シンデレラ』(22年4〜5月、振付:フレデリック・アシュトン)
●『不思議の国のアリス』(22年6月、振付:クリストファー・ウィールドン)

●こどものためのバレエ劇場 2021『竜宮 りゅうぐう〜亀の姫と季(とき)の庭〜』
(21年7月、演出・振付:森山開次)
●エデュケーショナル・プログラム vol.1「ようこそ『シンデレラ』のお城へ!」(22年2月)

【ダンス】
●新国立劇場バレエ団『Dance to the Future: 2021 Selection』
(21年11月、中劇場)
●小野寺修二 カンパニーデラシネラ『ふしぎの国のアリス』(22年3月、小劇場)
●森山開次『新版・NINJA』(22年6月、中劇場)

 吉田にとって芸術監督最初のシーズンはコロナ禍で迎えることとなったが、「ダンサーとしてのモチベーションをどのように維持すれば良いのかというところからスタートし、就任から6ヵ月とは思えない濃い時間を過ごさせてもらっています」と振り返る。
 またこの間、バレエ団にとっては初の試みとなる、オンライン有料配信や『ニューイヤー・バレエ』の無観客ライブ配信を実施。「全国、世界とのつながりを感じられ、皆さまからいたいだたメッセージに私もダンサーたちも勇気づけられました。私たちにできることは、感謝の気持ちを込めて質の高い良い舞台を作ることが大切」と語る。

 新シーズン開幕公演となるピーター・ライト版『白鳥の湖』は、英国らしい演劇的な要素と重厚な古典らしさが特徴。吉田は「ダンサーたちが私の求める表現の仕方を少しずつ感じてとってくれています。1年一緒に仕事をして、『白鳥の湖』ではより深い作品創りができるのではないかと私自身も楽しみです」と意気込む。本作は今後ツアーでの上演を見越して装置が制作されているという。

 2017年の初演以降、人気の高いウエイン・イーグリング振付『くるみ割り人形』は、家族が年末年始、劇場に集まって楽しめるようにと、クリスマスシーズンから年明けにかけて計12回公演を予定。1月の『ニューイヤー・バレエ』では、吉田が「私にとっても特別」と語るフレデリック・アシュトンの『夏の夜の夢』(新制作)を英国ロイヤル・バレエ団より衣裳とセットを借りて、同バレエ団おなじみのバランシンの『テーマとヴァリエーション』とのダブル・ビルで上演。
 2月の『吉田都セレクション』は、「大人の方々に軽く楽しんでいただくようなトリプル・ビル(吉田)」をと、ウィリアム・フォーサイスの『精確さによる目眩くスリル』とファン・マーネン『ファイヴ・タンゴ』を新制作で披露する。
 森山開次振付「こどものためのバレエ劇場『竜宮〜亀の姫と季の庭〜』」は、昨年7月にコロナ対策を施した振付での上演となったが、今回は多少の練り直しが行われる予定。シーズン最後を締めくくるのは人気作『不思議の国のアリス』。吉田は英国ロイヤル・バレエ団からのスペシャルゲスト出演の予定も示唆した。

 ダンス公演では、昨年公演中止となった『Dance to the Future』と小野寺修二 カンパニーデラシネラ『ふしぎの国のアリス』を上演。バレエ団のなかから振付家を育成することを目的としてスタートした『Dance to the Future』は、今回『2021 Selection』と題して11年に上演し好評を博した上島雪夫振付のジャズ作品『ナット・キング・コール組曲』を再演。また、昨年の中止に伴い公開できなかった演目や6月に行う試演会に出品された作品からもセレクトされる予定だ。

 その他、2月には新たに教育プロジェクト「エデュケーショナル・プログラム」がスタート。第1回は「ようこそ『シンデレラ』のお城へ!」と題して、21年5月に上演されるアシュトン振付『シンデレラ』を通して作品解説や舞台の仕組み、さらにバレエの面白さ、美しさを伝えていく。

 最後に吉田は今後の課題として、就任当初から掲げているダンサーの強化や踊りに集中できる環境作り、よりダンサーにチャレンジしてもらえるような配役、多くのお客様に観劇していただだくための公演数増、地方公演の実施など、引き続き尽力したいと語った。

新国立劇場 
https://www.nntt.jac.go.jp
バレエ&ダンス 2021/22シーズンラインアップ 
https://www.nntt.jac.go.jp/ballet-dance/news/detail/77_019563.html