佐藤久成(ヴァイオリン)

若きマエストロの“瞬間”


 東京芸大を経てベルギーやドイツに学び、数々の国際コンクールで優勝や入賞を重ねて、ソロから室内楽まで、多彩な活躍を続けるヴァイオリンの佐藤久成。特に、音楽史の彼方に埋もれた知られざる作品の発掘に力を注ぎ、鮮烈な感性を注ぎ込んでの蘇演を通じて、聴衆を驚かせ続けている。宇野功芳企画によるシリーズ第3弾となる今回のリサイタルは、国際的な活動を展開するピアノの小林亜矢乃と共演。モーツァルトのソナタ第24・28番をはじめ、ラヴェルの難曲「ツィガーヌ」やパガニーニ「ラ・カンパネラ」、モンティ「チャールダーシュ」など名曲の数々を。もちろん、“革新のヴァイオリニスト”として知られる佐藤のこと、たとえ耳なれた名曲であっても、まるで初めて聴くかのように、瑞々しく生まれ変わらせてくれるはず。そして、ベディンガー「オード・エロティーク」など、彼らしいスパイスの効いた選曲も。常に最先端を疾走する、若きマエストロの“瞬間”を捕まえたい。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2014年1月号から)

★2014年2月15日(土)・東京文化会館(小)
問:コンサートイマジン03-3235-3777
http://www.concert.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]