「未完成交響楽」シネマ&リサイタル 近藤嘉宏 plays シューベルト・ベートーヴェン

映像と演奏で作曲家の人生に迫る


 映像とともに音楽の奥深い世界を堪能させてくれる樂画会(がくがかい)のイベント。来る2月には音楽映画を鑑賞後、生演奏のコンサートが楽しめる大人気の《シネマ&リサイタル・シリーズ》が横浜みなとみらいホール(小)で開かれる。今回のテーマは「未完成交響楽」。
 第1部は1933年公開のオーストリア・ドイツ映画『未完成交響楽』(88分)が上映される。この映画は日本で1935年に公開され、シューベルトと「未完成交響曲」の名を戦前の日本人の間に知らしめることとなった作品。物語はシューベルトと貴族の令嬢との恋を描いたフィクションであるが、音楽はウィーン・フィルが担当し、ウィーン少年合唱団が初めて銀幕に姿を現した映画というのだから、当時かなり気合いを入れて制作された作品に違いない。『サウンド・オブ・ミュージック』など、後世の音楽映画にも大きな影響を与えたと言われている。監督はヴィリ・フォルスト。
 第2部のリサイタルは、作品への誠実な解釈と端正な演奏で人気を集めるピアニスト、近藤嘉宏が登場する。シューベルトの作品からは、わずか31年の生涯を閉じる前年に書かれた有名な「4つの即興曲op.90」(全曲)、および近藤が近年もっとも精力的に取り組むベートーヴェンの作品からピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」が演奏される予定。映像と生演奏による特別なひと時を楽しみたい。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2014年1月号から)

★2014年2月1日(土)・横浜みなとみらいホール(小)
問:樂画会チケットデスク03-3498-2508
http://gakugakai.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]