ヴォルフラム・クリスト(ヴィオラ/ヴィオラ・ダモーレ)×佐藤卓史(ピアノ/フォルテピアノ)

二重奏に新たな伝説が生まれる

 既成概念を覆す時が来た! と言えばいささか大げさか。室内楽、中でもデュオの際のピアノは、単なる伴奏にあらず、時にソロ以上の音楽性を要する。トッパンホールのシリーズ<室内楽マイスターへの道>は、その力をもった若手ピアニストに、名匠との共演の場を提供し、奏者の飛躍と室内楽シーンの活性化を図る好企画。その第2回は、30歳の俊英実力派・佐藤卓史が、ヴィオラの巨人ヴォルフラム・クリストと共演する。佐藤は、ソロ、協奏曲やCD等で実績を重ね、ハノーファーとウィーンで研鑽を積んで2013年帰国。カラヤン、アバド時代のベルリン・フィルで首席奏者を務めた後、多方面で活躍するクリストとは、好タイミングでの邂逅となる。前半がヴィオラ・ダモーレ&フォルテピアノ、後半はヴィオラ&ピアノに分かれたプログラムも興味津々。前半は生演奏が貴重な古楽作品、後半はロマン派以降の王道プロが続き、2人の多様な表現力が示される。温かな音色と繊細な感性をもつ佐藤が、圧倒的パワーと雄弁な音楽で迫るクリストといかなる対話を交わすか? 要注目!
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2014年1月号から)

<室内楽マイスターへの道 2>
★2014年1月25日(土)・トッパンホール
問 トッパンホールチケットセンター03-5840-2222
http://www.toppanhall.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]