東京文化会館《響の森》Vol.46 チャイコフスキー生誕180年 コバケン80th アニバーサリー

100歳違いの巨匠2人の時空を超えた熱き邂逅


 今年80歳を迎えた小林研一郎が、自らが音楽監督を務める東京文化会館主催のシリーズ《響の森》で、東京都交響楽団を相手にオール・チャイコフスキー・プログラムを振る。チャイコフスキーが生まれたのが1840年であるから、小林とチャイコフスキーとはちょうど100歳違い。小林がチャイコフスキーを得意としているのには、何か運命的なものが感じられる。なかでも交響曲第5番は、小林の最も演奏頻度の高い交響曲の一つであり、十八番中の十八番である。“運命の動機”を中心とした作品のドラマティックな展開や美しい旋律の第2楽章などの歌謡性がマエストロの音楽性にぴったりとマッチする。小林が1978年から5年間にわたり正指揮者を務めるなど、長きにわたって信頼関係を築いてきた都響の演奏にも注目だ。

 前半のヴァイオリン協奏曲で独奏を務めるのは、木嶋真優。ザハール・ブロンに師事し、今は亡きムスティスラフ・ロストロポーヴィチと共演を重ねるなど、ロシア系の音楽家から多大な薫陶を受けている彼女にとって、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は最も得意とするレパートリーの一つである。2016年第1回上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクールで優勝するなど、ますます進化を続ける木嶋の演奏が楽しみだ。

 小林の生誕80年とチャイコフスキーの生誕180年を名曲中の名曲で祝うコンサート。マエストロ・コバケンと木嶋とが情熱的な演奏を繰り広げるに違いない。
文:山田治生
(ぶらあぼ2020年5月号より)

2020.7/14(火)19:00 東京文化会館
問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650 
https://www.t-bunka.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]