エフゲニー・ザラフィアンツ(ピアノ) スペシャル・コンサート

独創的な感性で作品に新たな光を当てるピアニスト


 1959年ロシア生まれのエフゲニー・ザラフィアンツ。国内の数々のコンクールで入賞しながらも、ソ連時代ならではの不遇の日々を送ったこともあった。しかし93年、30代になってから、プレトニョフの勧めで受けたポゴレリチ国際コンクールで第2位に入賞し、国際的な活動を始めた。頭脳明晰、日本でも教鞭をとっていたことから日本語も堪能。その深い洞察力とともに、この人ならではの音楽表現を聴かせてくれるピアニストだ。

 スペシャル・コンサートと銘打った今度の公演では、室内楽からソロ演奏まで、多彩なプログラムを披露してくれる。ブラームスのピアノ三重奏曲第1番で共演するのはチェコ・フィルの名手たち。また、テノールの橋本弦法を迎え、日本の歌やオペラのアリアを披露する。
 そしてピアノ・ソロで演奏するのは、ムソルグスキーの「展覧会の絵」。独創的な音楽性の持ち主だけに、名曲にどのような角度から光を当ててみせてくれるのか、期待が高まる。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ2020年3月号より)

2020.4/15(水)14:00 府中の森芸術劇場 ウィーンホール
問:アルペジオ音楽企画03-3418-5344 
https://www.evgeny-zarafiants.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]