日本モーツァルト協会 第617回例会 フランソワ・デュモン(ピアノ)

モーツァルトの光と闇を映すピアノ曲の傑作を

C)Joseph Berardi

 旬の俊英が紡ぐ、天才作曲家のエスプリに触れたい。研究者や愛好家が集う日本モーツァルト協会は、第617回の演奏会(例会)に、フランス音楽批評家協会の新人賞を受賞するなど、注目度が際立つ実力派ピアニスト、フランソワ・デュモンを迎えて、3つのソナタをはじめ、珠玉のピアノ作品を聴く。

 弱冠14歳でパリ国立高等音楽院に入学し、ブルーノ・リグットに学んだ。イタリアのコモ湖国際ピアノアカデミーでさらに研鑽を重ね、ショパン国際ピアノコンクールをはじめ、数々の登竜門で入賞。リサイタルやオーケストラとの共演、室内楽にと国際的に活動。モーツァルトのソナタ全集はじめ、ラヴェルの全集や室内楽などの録音も高い評価を得ている。

 今回のステージでは、ウィーン時代の初めに成立したソナタ ハ長調 K.330と同イ長調「トルコ行進曲付き」K.331という明るい陽光に満ちた一連の2作品を大枠に、パリ時代に母の死に耐えつつ作曲したイ短調 K.310、そして今度は父の死の直前にウィーンで書かれたロンド イ短調 K.511の悲痛な雰囲気を湛えた2曲を挟み込んだ滋味深いプログラムで臨む。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2020年3月号より)


*新型コロナウイルスの感染症の拡大防止の観点から、本公演は中止となりました。(2/28主催者発表)
詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。

https://www.mozart.or.jp/concert/1508/

2020.3/4(水)18:45 東京文化会館(小)
問:日本モーツァルト協会03-5467-0626
https://www.mozart.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]