マリオ・ヴェンツァーゴ(指揮) 読売日本交響楽団

欧州屈指の名匠、ブルックナー「第3番」で初登場!

 欧州の様々な楽団を振って、ブルックナーの交響曲全曲録音を行ったマリオ・ヴェンツァーゴが読売日本交響楽団に客演し、ブルックナーの交響曲第3番(第3稿)を振る。ヴェンツァーゴは、1948年チューリヒ生まれ。地元の音楽院で学んだあと、ウィーンでハンス・スワロフスキーに師事した。ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団、グラーツ歌劇場、バーゼル交響楽団、インディアナポリス交響楽団、エーテボリ交響楽団などのシェフを歴任。幅広いレパートリーを有し、とりわけ、近現代音楽に数多くの録音を残している。5つのオーケストラ(タピオラ・シンフォニエッタ、ノーザン・シンフォニア、ベルン交響楽団、バーゼル響、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団)とのブルックナー交響曲全集では、作品の性格に合わせてオーケストラを選び、明快にすっきりとブルックナーを描いていたのが印象的であった。読響とはどんなブルックナー演奏を繰り広げるのか興味津々である。

 バーバーのヴァイオリン協奏曲で独奏を務めるシモーネ・ラムスマは、オランダを代表するヴァイオリニストの一人。2019年のロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のシーズン・オープニング・ナイトで、急病のジャニーヌ・ヤンセンに代わって、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を弾いた。ニューヨーク・フィルハーモニックやシカゴ交響楽団などとも共演。60を超えるレパートリーを持つという彼女だけに、バーバーも期待できそうである。
文:山田治生
(ぶらあぼ2020年3月号より)


*新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、本公演は中止となりました。(3/25主催者発表)
詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。

第597回 定期演奏会 
2020.4/8(水)19:00 サントリーホール
問:読響チケットセンター0570-00-4390 
https://yomikyo.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]