【CD】ショパン:ワルツ集(全曲)/カール=アンドレアス・コリー

 これまでにショパンのマズルカ、ポロネーズ、ノクターン、エチュード、バラード&即興曲と、精力的にショパンの作品集をリリースしてきたスイス出身のカール=アンドレアス・コリーが、ワルツ全曲を録音した。なんといってもその柔らかな躍動感、ハーモニーの変化を繊細に捉えた移ろいゆく気分、そして旋律線どうしの立体的な表現が、聴く者の心を存分に踊らせてくれる。録音は全体にまろやかな音質で、華やかなフレーズも硬質に響かず、とてもリリカル。喜び溢れるワルツから、メランコリックな表情のワルツまで、全19曲にわたり落ち着いた佇まいの推進力が美しい。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2020年3月号より)

【information】
CD『ショパン:ワルツ集(全曲)/カール=アンドレアス・コリー』

ショパン:ワルツ第1番〜第19番

カール=アンドレアス・コリー(ピアノ)

マイスター・ミュージック
MM-4073 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • METデビュー! 藤村実穂子(メゾソプラノ)インタビュー
      on 2020/04/08 at 09:07

      原点見つめ直す《さまよえるオランダ人》にマリー役で出演、 日本人初のMETライブビューイング登場、そして今伝えたい大切なメッセージ 取材・文:池上輝彦(音楽ジャーナリスト) 日本が生んだ世界屈指のメゾソプラノ・藤村実穂子が米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)に満を持してデビューを果たした。3月10日上演のワーグナーの歌劇《さまよえるオランダ人》マリー役を歌い演じた。独バイロイト音楽祭やウ [&#8230 […]