【CD】メロディア/山田岳

 音楽が音楽の概念の外側へと逃走していく、困った、そして尖ったアルバムだ。電子音との競演(ヴァン・デル・アー)、摩擦音などの多重録音(三輪)、エレキギターとベースの録音の作曲家自身によるリミックス(中川)。口笛や歯ぎしりによるパフォーマンス(ステーン=アナーセン)の後には、調弦をずらした5台のギターがパワフルな打撃音を加える(バーク)。その中にあって、西風作品の単音のつながりがポエジーを放つ。音楽は何であってもいいのだという自由さに、聴き手の感性もいつの間にか解放されていく。山田岳のパフォーマーとしての類まれなる才能あってこそのアクロバットだ。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2020年3月号より)

【information】
CD『メロディア/山田岳』

ミシェル・ヴァン・デル・アー:栗毛色/近藤譲:オリエント・オリエンテーション/山本裕之:葉理/三輪眞弘:七ヶ岳のロンド/シモン・ステーン=アナーセン:実践の難しさ/中川統雄:滅びの中の滅び/西風満紀子:メロディア―ギター/ロイス・V・バーク:五ギター

山田岳(ギター/パフォーマンス)
佐藤紀雄(エレクトリック・ギター)

コジマ録音
ALCD-123 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • METデビュー! 藤村実穂子(メゾソプラノ)インタビュー
      on 2020/04/08 at 09:07

      原点見つめ直す《さまよえるオランダ人》にマリー役で出演、 日本人初のMETライブビューイング登場、そして今伝えたい大切なメッセージ 取材・文:池上輝彦(音楽ジャーナリスト) 日本が生んだ世界屈指のメゾソプラノ・藤村実穂子が米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)に満を持してデビューを果たした。3月10日上演のワーグナーの歌劇《さまよえるオランダ人》マリー役を歌い演じた。独バイロイト音楽祭やウ [&#8230 […]