【SACD】武満徹:管弦楽曲集/諏訪内晶子&P.ヤルヴィ&N響

 パーヴォの”武満観“とも言うべきものが伝わってくるアルバムだ。最初に収められた「弦楽のためのレクイエム」は、透明な音の塊が突如として空間に出現したという印象だ。一瞬にして聴き手の懐へと滑りこみ、確かな存在感を放つ。そのシュールな音の佇まいにおののいていると、「ノスタルジア」ではヴァイオリン(諏訪内晶子)の慟哭の中で音楽が流れ出し、「ハウ・スロー・ザ・ウィンド」で豊穣な音の織物へと発展する。書かれた音を精密に立ち上げるだけでなく、5つの管弦楽曲を連ねることで武満音楽の特性を、筋を通しながら捕まえた点が貴重で、今後の規範的な演奏の一つとなろう。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2020年3月号より)

【information】
SACD『武満徹:管弦楽曲集/諏訪内晶子&P.ヤルヴィ&N響』

武満徹:弦楽のためのレクイエム、ノスタルジア―アンドレイ・タルコフスキーの追憶に―、ハウ・スロー・ザ・ウィンド、遠い呼び声の彼方へ!、ア・ウェイ・ア・ローンⅡ

諏訪内晶子(ヴァイオリン)
パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)
NHK交響楽

収録:2018年2月、サントリーホール(ライヴ) 他
ソニーミュージック
SICC-19045 ¥3200+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]