【CD】組曲 プラテーロとわたし/富川勝智

 ギターの歴史、理論、奏法の専門家として、執筆、大学講師や教室主宰など、精力的な活動を繰り広げる富川勝智。その根源にはギタリストとしての卓越した技術と強い表現意欲があることは、このユニークなアルバムからも十分に伝わってくる。胸を打つ表題作をはじめ、いわゆる「土臭さ」よりも洒落たハーモニーやセンスを感じさせる、スペインの穏やかな佳品が多く並び、なんとも心地よい。スペイン音楽の専門家でもある富川は、くっきりと芯の強い美音で、骨太にして繊細な表現を実現。各曲がもつ妙味を深く味わわせてくれる。スペイン音楽の奥行きを感じられる1枚だ。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2020年2月号より)

【information】
CD『組曲 プラテーロとわたし/富川勝智』

E.S.デ・ラ・マーサ:ロートレック讃歌、ハバネラ、組曲「プラテーロとわたし」/タレガ:マリエッタ、ラグリマ、夢〜マズルカ、ロシータ/ドノスティア神父(R.S.デ・ラ・マーサ編):ドロール/セゴビア:光のない練習曲/モレーノ・トローバ:特性的小品集 他

富川勝智(クラシックギター)

OMF
KCD-2068 ¥2545+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]