【CD】組曲 プラテーロとわたし/富川勝智

 ギターの歴史、理論、奏法の専門家として、執筆、大学講師や教室主宰など、精力的な活動を繰り広げる富川勝智。その根源にはギタリストとしての卓越した技術と強い表現意欲があることは、このユニークなアルバムからも十分に伝わってくる。胸を打つ表題作をはじめ、いわゆる「土臭さ」よりも洒落たハーモニーやセンスを感じさせる、スペインの穏やかな佳品が多く並び、なんとも心地よい。スペイン音楽の専門家でもある富川は、くっきりと芯の強い美音で、骨太にして繊細な表現を実現。各曲がもつ妙味を深く味わわせてくれる。スペイン音楽の奥行きを感じられる1枚だ。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2020年2月号より)

【information】
CD『組曲 プラテーロとわたし/富川勝智』

E.S.デ・ラ・マーサ:ロートレック讃歌、ハバネラ、組曲「プラテーロとわたし」/タレガ:マリエッタ、ラグリマ、夢〜マズルカ、ロシータ/ドノスティア神父(R.S.デ・ラ・マーサ編):ドロール/セゴビア:光のない練習曲/モレーノ・トローバ:特性的小品集 他

富川勝智(クラシックギター)

OMF
KCD-2068 ¥2545+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]