カナディアン・ブラス 結成50周年記念ツアー

祝! 結成50年 ブラス・クインテットの最高峰がやってくる


 1970年にテューバ奏者のチャック(チャールズ)・デーレンバックらによって結成されて以来、積極的な海外公演と精力的なレコーディング実績を誇る「世界一有名な金管五重奏団」が2020年に結成50周年記念ツアーを日本でも実施。現在のメンバーはデーレンバック以下、トランペットのブランドン・ライデナワーとケイレブ・ハドソン、ホルンのジェフ・ネルセン、トロンボーンのアキレス・リアルマコプーロスら精鋭揃い。フォーマルな黒いスーツにスニーカーというお馴染みの出で立ちで幅広いジャンルをカヴァーして世界中を魅了する彼ら。今回も「ダニー・ボーイ」(C.ハドソン編)からモーツァルト「トルコ行進曲」(A.フランケンポール編)、ピアソラ「リベルタンゴ」(J.バーグステイラー編)、ブラームス「11のコラール前奏曲第10番」(R.ザウアー編)と盛りだくさん。東京2公演以外にも滋賀、島根、茨城、山形、大阪と全7公演を予定。ブラス・ファンならずともこの機会にぜひ!
文:東端哲也
(ぶらあぼ2020年1月号より)

2020.1/31(金)18:30 西新井文化ホール
問:ギャラクシティ03-5242-8161 
https://www.proarte.jp
※全国公演の詳細は上記ウェブサイトでご確認ください。

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]