カナディアン・ブラス 結成50周年記念ツアー

祝! 結成50年 ブラス・クインテットの最高峰がやってくる


 1970年にテューバ奏者のチャック(チャールズ)・デーレンバックらによって結成されて以来、積極的な海外公演と精力的なレコーディング実績を誇る「世界一有名な金管五重奏団」が2020年に結成50周年記念ツアーを日本でも実施。現在のメンバーはデーレンバック以下、トランペットのブランドン・ライデナワーとケイレブ・ハドソン、ホルンのジェフ・ネルセン、トロンボーンのアキレス・リアルマコプーロスら精鋭揃い。フォーマルな黒いスーツにスニーカーというお馴染みの出で立ちで幅広いジャンルをカヴァーして世界中を魅了する彼ら。今回も「ダニー・ボーイ」(C.ハドソン編)からモーツァルト「トルコ行進曲」(A.フランケンポール編)、ピアソラ「リベルタンゴ」(J.バーグステイラー編)、ブラームス「11のコラール前奏曲第10番」(R.ザウアー編)と盛りだくさん。東京2公演以外にも滋賀、島根、茨城、山形、大阪と全7公演を予定。ブラス・ファンならずともこの機会にぜひ!
文:東端哲也
(ぶらあぼ2020年1月号より)

2020.1/31(金)18:30 西新井文化ホール
問:ギャラクシティ03-5242-8161 
https://www.proarte.jp
※全国公演の詳細は上記ウェブサイトでご確認ください。

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]