ヘルムート・ライヒェル・シルヴァ(指揮) 東京交響楽団

スペインにまつわる多様な音楽を集めた意欲的なプログラム


 東京交響楽団の2月川崎定期はスペイン音楽プログラム。2017年の共演で評判を呼んだヘルムート・ライヒェル・シルヴァが指揮を担う。ライヒェル・シルヴァはチリ生まれのドイツ系で、音楽監督ジョナサン・ノットが太鼓判を押す逸材。トランペットにエリック・ミヤシロ、ギターにラファエル・アギーレとソリスト陣も強力だ。

 プログラムがおもしろい。リムスキー=コルサコフの「スペイン奇想曲」、天野正道の「ウナ・オベルテューラ・エスパニョーラ・ファルサ『エル・ハルディン・デ・ロス・レクエルドス』」(管弦楽版初演)といった非スペイン人によるスペイン趣味の音楽と、ロドリーゴの「アランフェス協奏曲」、ファリャのバレエ「三角帽子」第2組曲という純然たるスペイン音楽が組み合わされている。外から見たスペイン、中から見たスペインとでもいうべきか。

 天野作品の原曲はJR東日本東北吹奏楽団委嘱作。その管弦楽版の初演となる。「ウナ・オベルテューラ……」というとても長いスペイン語の曲名をあえて訳せば、「偽スペイン序曲『思い出の庭』」といったところだろうか。エリック・ミヤシロによるトランペットの抜けるようなハイトーンが聴きもの。

 アランフェス協奏曲で独奏を務めるアギーレは、フランシスコ・タレガ国際ギターコンクールをはじめ数々のコンクールで受賞歴を誇る気鋭。マドリードを拠点とするアギーレにとって、この曲は十八番だろう。
文:飯尾洋一
(ぶらあぼ2020年1月号より)

川崎定期演奏会 第74回
2020.2/1(土)14:00 ミューザ川崎シンフォニーホール
問:TOKYO SYMPHONY チケットセンター044-520-1511 
http://tokyosymphony.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]