Borderless Songs —性別を越える音楽達—

麗しき男装歌手たちの魅力に迫る


 オペラの中で、女性が男装して演ずる登場人物を「ズボン役」と呼ぶ。となれば、宝塚のカッコいい男役が連想されるだろうが、オペラのそれは18世紀から存在し、《フィガロの結婚》のケルビーノのようなませた少年から、《ばらの騎士》のオクタヴィアンのように、理性と血気を備えるヒロイックな青年もいる。オペラでは何より「声のコントラスト」が大切で、多彩な声音を作曲家が操れば音楽も物語も膨らむのである。現実とは異なる歌声でキャラクターの「心」を味わう手段として、ズボン役は昔から愛されてきた。

 そこで、この12月、昭和音楽大学アートマネジメントコースが企画立案するコンサート「Borderless Songs ―性別を越える音楽達―」にご注目を。学生たちが、丹呉由利子(メゾソプラノ)、北薗彩佳(同)、杉山沙織(同) を軸としてズボン役の名場面を一挙にご紹介。解説付きのステージで、声とドラマが爽やかに溶け合うさまをお楽しみに。
文:岸 純信(オペラ研究家)
(ぶらあぼ2019年12月号より)

昭和音楽大学音楽芸術運営学科アートマネジメントコース企画制作演習企画公演 Vol.2
Borderless Songs —性別を越える音楽達—
2019.12/9(月)18:30 昭和音楽大学南校舎5階 ユリホール
問:昭和音楽大学アートマネジメントコース企画制作室044-959-5121 
https://www.tosei-showa-music.ac.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]