Borderless Songs —性別を越える音楽達—

麗しき男装歌手たちの魅力に迫る


 オペラの中で、女性が男装して演ずる登場人物を「ズボン役」と呼ぶ。となれば、宝塚のカッコいい男役が連想されるだろうが、オペラのそれは18世紀から存在し、《フィガロの結婚》のケルビーノのようなませた少年から、《ばらの騎士》のオクタヴィアンのように、理性と血気を備えるヒロイックな青年もいる。オペラでは何より「声のコントラスト」が大切で、多彩な声音を作曲家が操れば音楽も物語も膨らむのである。現実とは異なる歌声でキャラクターの「心」を味わう手段として、ズボン役は昔から愛されてきた。

 そこで、この12月、昭和音楽大学アートマネジメントコースが企画立案するコンサート「Borderless Songs ―性別を越える音楽達―」にご注目を。学生たちが、丹呉由利子(メゾソプラノ)、北薗彩佳(同)、杉山沙織(同) を軸としてズボン役の名場面を一挙にご紹介。解説付きのステージで、声とドラマが爽やかに溶け合うさまをお楽しみに。
文:岸 純信(オペラ研究家)
(ぶらあぼ2019年12月号より)

昭和音楽大学音楽芸術運営学科アートマネジメントコース企画制作演習企画公演 Vol.2
Borderless Songs —性別を越える音楽達—
2019.12/9(月)18:30 昭和音楽大学南校舎5階 ユリホール
問:昭和音楽大学アートマネジメントコース企画制作室044-959-5121 
https://www.tosei-showa-music.ac.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]