三浦一馬(バンドネオン) × 松本和将(ピアノ) DUO

鬼才二人のほとばしるパッションが音楽を躍動させる

 日本が誇る小松亮太のもとで10歳からバンドネオンを始め、2006年に別府アルゲリッチ音楽祭にて、この道の最高峰であるネストル・マルコーニと出会い、アルゼンチンに渡って師事。08年の国際ピアソラ・コンクールでは史上最年少で準優勝。アルゲリッチやバシュメットら巨匠たちと共演を重ね、12年にはマルコーニとの師弟デュオ公演も大きな話題を呼び、20代にして若きスターとなった三浦一馬。端正な佇まいながら時に官能的な表情も見せ、幅広いレパートリーでこの楽器の新境地を開拓してきた彼が、三鷹市芸術文化センター 風のホールに初登場。エリーザベト王妃国際音楽コンクール第5位入賞の名手・松本和将のピアノを得て、ピアソラの「ブエノスアイレスの冬」にガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」と敬愛する二人の作曲家の作品に挑み、それぞれの楽器でソロ演奏も披露。実力派同士の絶妙なコンビネーションに期待が高まる!
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年12月号より)

2020.2/1(土)15:00 三鷹市芸術文化センター
問:三鷹市スポーツと文化財団0422-47-5122 
http://mitaka-sportsandculture.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]