三浦一馬(バンドネオン) × 松本和将(ピアノ) DUO

鬼才二人のほとばしるパッションが音楽を躍動させる

 日本が誇る小松亮太のもとで10歳からバンドネオンを始め、2006年に別府アルゲリッチ音楽祭にて、この道の最高峰であるネストル・マルコーニと出会い、アルゼンチンに渡って師事。08年の国際ピアソラ・コンクールでは史上最年少で準優勝。アルゲリッチやバシュメットら巨匠たちと共演を重ね、12年にはマルコーニとの師弟デュオ公演も大きな話題を呼び、20代にして若きスターとなった三浦一馬。端正な佇まいながら時に官能的な表情も見せ、幅広いレパートリーでこの楽器の新境地を開拓してきた彼が、三鷹市芸術文化センター 風のホールに初登場。エリーザベト王妃国際音楽コンクール第5位入賞の名手・松本和将のピアノを得て、ピアソラの「ブエノスアイレスの冬」にガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」と敬愛する二人の作曲家の作品に挑み、それぞれの楽器でソロ演奏も披露。実力派同士の絶妙なコンビネーションに期待が高まる!
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年12月号より)

2020.2/1(土)15:00 三鷹市芸術文化センター
問:三鷹市スポーツと文化財団0422-47-5122 
http://mitaka-sportsandculture.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]