【CD】浜匡子 ヴァイオリン・リサイタル 藤井一興とともに

 一音ごとに心を込めた謳い回しに、作品に対する誠実さがひしひしと伝わってくる。浜匡子は、東京と長野を中心に活躍する実力派ヴァイオリニスト。3つのソナタにあっては、拍節感やヴィブラート遣いなど、バロックや古典派の基本的マナーはわきまえつつ、安易に流行りのピリオド奏法に寄せはしない。それでいて、例えば、スラーで結ばれた音型をキーワードのごとく浮き彫りにしたり、上拍にスタッカートを穿ったりと随所に独自の創意を施し、魅力的に輝かせる。共演の藤井一興も、理知的な快演。特に、バッハとベートーヴェンの最終楽章で、対位法を際立たせるプレイは巧みだ。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2020年1月号より)

【information】
CD『浜匡子 ヴァイオリン・リサイタル 藤井一興とともに』

J.S.バッハ:ヴァイオリンとピアノ(チェンバロ)のためのソナタ第2番 BWV1015/モーツァルト:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第18番 K.301/ベートーヴェン:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第9番「クロイツェル」/エルガー:愛の挨拶 他

浜匡子(ヴァイオリン)
藤井一興(ピアノ)

ナミ・レコード
WWCC-7912 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]