【CD】浜匡子 ヴァイオリン・リサイタル 藤井一興とともに

 一音ごとに心を込めた謳い回しに、作品に対する誠実さがひしひしと伝わってくる。浜匡子は、東京と長野を中心に活躍する実力派ヴァイオリニスト。3つのソナタにあっては、拍節感やヴィブラート遣いなど、バロックや古典派の基本的マナーはわきまえつつ、安易に流行りのピリオド奏法に寄せはしない。それでいて、例えば、スラーで結ばれた音型をキーワードのごとく浮き彫りにしたり、上拍にスタッカートを穿ったりと随所に独自の創意を施し、魅力的に輝かせる。共演の藤井一興も、理知的な快演。特に、バッハとベートーヴェンの最終楽章で、対位法を際立たせるプレイは巧みだ。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2020年1月号より)

【information】
CD『浜匡子 ヴァイオリン・リサイタル 藤井一興とともに』

J.S.バッハ:ヴァイオリンとピアノ(チェンバロ)のためのソナタ第2番 BWV1015/モーツァルト:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第18番 K.301/ベートーヴェン:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第9番「クロイツェル」/エルガー:愛の挨拶 他

浜匡子(ヴァイオリン)
藤井一興(ピアノ)

ナミ・レコード
WWCC-7912 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]