聖夜のトランペット 〜クリスマス・スペシャル・コンサート〜

コンセルトヘボウ管で培った黄金の響き

ヴィム・ファン・ハッセルト ©Marco Borggreve

 澄み切った冬の空のような、トランペットの音色。そして、心温まる優しき調べ。ベルギー出身の名手、ヴィム・ファン・ハッセルトが、クラシックはもちろん、ポップスや日本の歌まで、名旋律を選りすぐって吹き尽くすステージ。さながら、音によるクリスマス・プレゼントといったところだろう。

 ベルリン放送交響楽団を経て、2009年から14年まで、オランダの名門ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団で活躍したファン・ハッセルト。現在はスイスを拠点に、ソロ活動やアンサンブルへの参加、マスタークラスで後進の指導にあたるなど、国際的な活動を続けている。

 ベラルーシ出身の実力派ピアニスト、ヴィタリー・スタヒエヴィチと共演するステージ。ニニ・ロッソ「夜空のトランペット」などトランペットのためのオリジナル曲から、サン=サーンス「白鳥」やバッハ「主よ、人の望みの喜びよ」、さらに「川の流れのように」など日本人の心を掴む旋律まで。時にフリューゲルホルンやピッコロトランペットにも持ち替えて、変幻自在のプレイで魅せる。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年12月号より)

2019.12/9(月)14:00 府中の森芸術劇場 ウィーンホール
問:光藍社チケットセンター050-3776-6184
  チケットふちゅう042-333-9999
http://www.fuchu-cpf.or.jp/theater/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]