【CD】シューマン:ピアノ五重奏曲 他/東京六人組

 ソリストとして、オーケストラの要の奏者として活躍するスター・プレーヤーが結集した東京六人組、2年ぶり3枚目となるディスクはドイツ・ロマン派の室内楽。弦が管に置き換わることで、全体的にサウンドがまろみを帯び旋律もくっきり伸び伸びと歌う。シューマン(ピアノ五重奏曲)の第2楽章、ブラームス(ピアノ四重奏曲第1番)の第1楽章など短調の楽章では、それぞれの細やかな表現が夢幻、陰影を作り出す。各曲のフィナーレは開放的で明るいサウンド、歯切れのよい流れを生み出す技巧や息の合った表現で楽しませてくれる。まとまりも素晴らしいけれど、とにかく一人ひとりがうまい!
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2019年12月号より)

【information】
CD『シューマン:ピアノ五重奏曲 他/東京六人組』

シューマン(東京六人組編):ピアノ五重奏曲/ブラームス(サミュエル・バロン編):ピアノ四重奏曲第1番

東京六人組
【上野由恵(フルート) 荒絵理子(オーボエ) 金子平(クラリネット) 福士マリ子(ファゴット) 福川伸陽(ホルン) 三浦友理枝(ピアノ)】

オクタヴィア・レコード
OVCC-00154 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]