【CD】魅惑の印象派/熊本マリ 他

 12月15日までは東京都美術館で、その後愛知、神戸と巡回する『コートールド美術館展』にちなんだ「入念な」企画盤。絵画コレクターであると同時に「コートールド=サージェント・コンサート」をシリーズ化しロンドン・フィル創立にも関わったコートールド夫妻に関係した絵画/音楽作品を充実の解説とともに収録した当CD(本作のための新録音多数)、安易なコンピとは一線を画す。ちなみに本展覧会の目玉たるマネ『フォリー=ベルジェールのバー』(ジャケット)は懇意であったシャブリエのピアノの上に飾ってあったそう。むろんこの作曲家の作品も収録、想いを馳せる愉しみ。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2019年12月号より)

【information】
CD『魅惑の印象派/熊本マリ 他』

シャブリエ:音楽帳の一頁/グノー:歌劇《ファウスト》より〈鏡の踊り〉/ドビュッシー(ビュッセル編):小組曲 第1曲 小舟で/ラヴェル:弦楽四重奏曲 ヘ長調 第2楽章 他

熊本マリ 藤井一興(以上ピアノ) ドミニク・ヴィス(カウンターテナー) 中木健二(チェロ) 小町碧(ヴァイオリン) 大井剛史(指揮) 東京交響楽団 他

キングレコード
KICC-1491 ¥2000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]