【CD】魅惑の印象派/熊本マリ 他

 12月15日までは東京都美術館で、その後愛知、神戸と巡回する『コートールド美術館展』にちなんだ「入念な」企画盤。絵画コレクターであると同時に「コートールド=サージェント・コンサート」をシリーズ化しロンドン・フィル創立にも関わったコートールド夫妻に関係した絵画/音楽作品を充実の解説とともに収録した当CD(本作のための新録音多数)、安易なコンピとは一線を画す。ちなみに本展覧会の目玉たるマネ『フォリー=ベルジェールのバー』(ジャケット)は懇意であったシャブリエのピアノの上に飾ってあったそう。むろんこの作曲家の作品も収録、想いを馳せる愉しみ。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2019年12月号より)

【information】
CD『魅惑の印象派/熊本マリ 他』

シャブリエ:音楽帳の一頁/グノー:歌劇《ファウスト》より〈鏡の踊り〉/ドビュッシー(ビュッセル編):小組曲 第1曲 小舟で/ラヴェル:弦楽四重奏曲 ヘ長調 第2楽章 他

熊本マリ 藤井一興(以上ピアノ) ドミニク・ヴィス(カウンターテナー) 中木健二(チェロ) 小町碧(ヴァイオリン) 大井剛史(指揮) 東京交響楽団 他

キングレコード
KICC-1491 ¥2000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]