池田昭子(オーボエ) & 福田進一(ギター)

リード楽器と撥弦楽器の幸福な邂逅

左:福田進一 右:池田昭子
C)Yasuhisa Yoneda

 NHK交響楽団で活躍する一方、室内楽奏者としても活躍するオーボイストの池田昭子。そして、日本を代表するギタリストで、公開中の映画『マチネの終わりに』で演奏監修も担当して話題の福田進一。そんな二人の名手によるアルバム『白鳥の歌』が発表された。優美なオーボエと、鮮烈なギター。全く異なる美点を持つ2つの楽器の邂逅が、新たな響きへの扉を開く。

 「福田さんは、音楽的な造詣の深さやご経験、人間性…全てが超一流。そして、年下の私にも丁寧に接してくださる紳士です」と前置いた池田。「近い距離での演奏は、向かい合って対話するというより、並んで歩きつつ、周りの風景について様々に語り合う、という感覚でした。アルペジオひとつにも美しい音楽が溢れているので、それにいかに応えるかに集中しました」。

 一方、「オーボエの音は、人間の歌声そのもの」と言う福田。池田を「表現が非常に繊細で柔らかく、そばで伴奏していても、彼女の音を聴きながらいつの間にか魅了され引き込まれる。そんな魔法の笛吹きです」と評する。

「オーボエはピッチが正確なので、ギターの調弦と音程には、普段より気を遣いました。特に音程は、微妙に左指の押さえる圧力を変えて調節しましたが、良い結果が出たのでは。右指も弦を弾くタッチを柔らかく、レガートの表現を心掛けました」

 収録曲は、19世紀フランスのナポレオン・コストや20世紀オーストリアのカール・ピルスによる、この編成のための珍しいオリジナル作品を軸に。「特にピルスの第1楽章は、フランス・バロックのようで、私もとても好きな曲」と池田。一方、福田は「ピルスが管楽器の世界では高い評価を受けた作曲家で、この作品が、ウィーンの名ギター教授カール・シャイトの助言で書かれたことを、後になって知りました。コストも含めて、この編成の作品は希少で重要です」と明かす。

 そして、そのコストがギター伴奏用に編曲した、シューベルトの歌曲も収録。アルバムタイトルも、歌曲集名から採った。「実は、バリトンの河野克典さんと演奏したばかり。きっとオーボエとでも機能すると思いました」と福田。また、グリーグの「抒情小品集」は「私の親友のドイツ人ギタリストが、フルートとアルト・フルートのために編曲したもの。そのままオーボエとイングリッシュ・ホルンに置き換えられるし、むしろその方が美しいと考えました」と話す。

 「健康で、好奇心を絶やさず、あらゆる人たちを触発し続けたい」と語る福田。録音の多さでも知られるが、「CDのリリースは、今年だけで5枚。通算90枚を超えて、冗談だった“生涯100枚計画”が現実味を帯びてきました。今のうち、“200枚”に変更すべきかも…」と苦笑する。かたや、池田は「この世の宝である素晴らしい音楽を最高の形で演奏する。それが使命だと感じています」と締め括った。
取材・文:寺西 肇
(ぶらあぼ2019年12月号より)

CD『白鳥の歌 〜オーボエとギターのための作品集〜』
マイスター・ミュージック
MM-4069 ¥3000+税
2019.11/25(月)発売

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]