【CD】アフロディテの解剖学〈切断・解体・再構成〉〜瀬川裕美子ピアノリサイタル Vol.6&7 ライブ〜

 パウル・クレーの2つの絵画作品をテーマに開いた2公演のライヴ録音を、クレーの別作品「アフロディテの解剖学」における「切断・解体から再創造」の制作過程に倣い、新たな“作品”として再創造を図る、瀬川裕美子の試みは先鋭的かつ刺激的だ。断片であるモーツァルトの幻想曲、舞曲形式を再構築したバッハのパルティータ、数の公理性で時間や空間を超越しようとしたクセナキス…。これらに新たな秩序が与えられると、ステージの”核”として置かれながら、あえて未収録としたブーレーズ「ソナタ第2、3番」の「中心かつ不在」の意味が浮き彫りに。“録音を出す意義”へ一石を投じる。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2019年11月号より)

【information】
CD『アフロディテの解剖学〈切断・解体・再構成〉〜瀬川裕美子ピアノリサイタル Vol.6&7 ライブ〜』

ピート=ヤン・ファン・ロッスム:amour/ストラヴィンスキー:ピアノ・ソナタ/モーツァルト:幻想曲ハ短調 K.396(断片)/クセナキス:ヘルマ―ピアノのための記号論的音楽―/近藤譲:三冬/J.S.バッハ:
パルティータ第6番/ブーレーズ:12のノタシオン〜第2曲 他

瀬川裕美子(ピアノ)

収録:2018年1月&19年3月、トッパンホール(ライヴ)
トーンフォレスト
TFCC-1903 ¥2000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]