【CD】ドヴォルザーク:後期三大交響曲 他/稲島早織&大石真裕

 稲島&大石のデュオはすでに「わが祖国」のディスクで高い評価を得ているが、今回もドヴォルザークの管弦楽序曲2作+後期三大交響曲という、巨大な、しかも稀な演奏にチャレンジしている(「新世界」以外は世界初録音)。もちろんピアノ連弾だと音楽の輪郭がはっきりし、ドヴォルザークの思考がどう発展していったのかが明らかになる。でもそれはこのディスクの美質の一つに過ぎない。素朴な歌心、細やかなニュアンス、力強い推進力を備えた彼らの表現に、聴き進めるにつれて編曲という意識が消えていった。大作を乱れなくまとめ、独自の世界にまで高めた点に、最も大きな意義があるだろう。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2019年11月号より)

【information】
CD『ドヴォルザーク:後期三大交響曲 他/稲島早織&大石真裕』

ドヴォルザーク:序曲「わが故郷」、劇的序曲「フス教徒」、交響曲第7番〜第9番「新世界より」

稲島早織 大石真裕(以上ピアノ)

コジマ録音
ALCD-7242,7243(2枚組) ¥3400+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]