【CD】J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲/タマーシュ・ヴァルガ

 ウィーン・フィル(VPO)の首席チェリスト、タマーシュ・ヴァルガの「無伴奏」は意外なことにバロック・チェロを用いているが、しかしその演奏は全くバロック的ではない。そして当演奏の美質は、まさにそこにこそある。ヴァルガの母体VPOの「黄金の中庸」を地で行く言葉の最良の意味でのオーソドックスな演奏が、誠に美しいチェロの音色によって映えること映えること…。イタリア・聖クローチェ美術館の音響および録音も素晴らしく、聴き手はしばし現実世界を忘れてこの「楽園」に遊ぶことになるだろう。バッハも弾き手も超えた美の世界。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2019年10月号より)

【information】
CD『J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲/タマーシュ・ヴァルガ』

J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番〜第6番

タマーシュ・ヴァルガ(バロック・チェロ)

カメラータ・トウキョウ
CMCD-15153〜4(2枚組) ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]