【CD】エルガー:交響曲第1番/尾高忠明&大阪フィル

 尾高忠明定評のエルガー。特にこの交響曲第1番は内外のオケで100回以上演奏し、録音も当盤含め4種類ある。尾高は大阪フィルとエルガーは相性がいいと公言している。大阪フィルの「浪花節」的ともいえる熱いパッションをぶつける演奏は、尾高の新境地ともいえるだろう。一方でモットー主題のようにエルガーらしい高貴な楽想は、その対比として悠然と美しく演奏される。変化に富む楽想を丁寧に彫琢するのが尾高の持ち味だ。緩徐楽章の透明な音色や内省的な祈りの歌、終楽章の激しい闘争と高揚、そしてすべてをのみ込むモットー主題。尾高の到達した味わい深い円熟の境地。
文:横原千史
(ぶらあぼ2019年10月号より)

【information】
CD『エルガー:交響曲第1番/尾高忠明&大阪フィル』

エルガー:交響曲第1番

尾高忠明(指揮)
大阪フィルハーモニー交響楽団

収録:2019年1月、フェスティバルホール&サントリーホール(ライヴ)
オクタヴィア・レコード
OVCL-00693 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]