【CD】エルガー:交響曲第1番/尾高忠明&大阪フィル

 尾高忠明定評のエルガー。特にこの交響曲第1番は内外のオケで100回以上演奏し、録音も当盤含め4種類ある。尾高は大阪フィルとエルガーは相性がいいと公言している。大阪フィルの「浪花節」的ともいえる熱いパッションをぶつける演奏は、尾高の新境地ともいえるだろう。一方でモットー主題のようにエルガーらしい高貴な楽想は、その対比として悠然と美しく演奏される。変化に富む楽想を丁寧に彫琢するのが尾高の持ち味だ。緩徐楽章の透明な音色や内省的な祈りの歌、終楽章の激しい闘争と高揚、そしてすべてをのみ込むモットー主題。尾高の到達した味わい深い円熟の境地。
文:横原千史
(ぶらあぼ2019年10月号より)

【information】
CD『エルガー:交響曲第1番/尾高忠明&大阪フィル』

エルガー:交響曲第1番

尾高忠明(指揮)
大阪フィルハーモニー交響楽団

収録:2019年1月、フェスティバルホール&サントリーホール(ライヴ)
オクタヴィア・レコード
OVCL-00693 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]