インゴルフ・トゥルバン ヴァイオリン・リサイタル

コンマスからソリストに転身した凄腕プレイヤー登場!


 弱冠21歳にして名門ミュンヘン・フィルの第1コンサートマスターに就任し、音楽監督だった名匠セルジュ・チェリビダッケの薫陶を受けた、ヴァイオリンのインゴルフ・トゥルバン。現在はソリストとして活躍中の彼が、バロックと20世紀、2つの名ソナタを軸とした多彩な佳品を披露する。

 1964年、ミュンヘン生まれ。幼い頃から楽才を発揮し、史上最年少でミュンヘン・フィルのコンマスに。チェリビダッケによる“黄金時代”の名演を支えた。88年に退団してからは、名ソリストとして国際的に活躍。デュトワやマゼール、メータら巨匠指揮者と共演を重ねてきた。

 今回は、日独で活躍するピアノの名手、サヴァリッシュ朋子が共演。タルティーニ「悪魔のトリル」とリヒャルト・シュトラウスのソナタを対置して大枠に。ここへロッシーニ「パガニーニによせてひと言」、これに応えるようにパガニーニ「魔女たちの踊り」と2つの小品を配し、技巧的なサラサーテ「カルメン幻想曲」で締め括る。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年10月号より)

2019.10/25(金)18:30 日経ホール
問:日経公演事務局03-5227-4227
http://www.nikkei-hall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]