【CD】4つの幻想曲/アンナ・フェドロヴァ

 ロンドンとイタリアで学び、現在国際的に注目を集めるピアニストであるフェドロヴァの、歌心あふれる色彩豊かなピアニズムが伝わってくる最新盤。コンセプト性の強いリサイタルを行い、ディスクを発表してきた彼女の今回のテーマは“幻想曲”。フェドロヴァはかなり感情豊かな演奏をする人だが、それをバランスよくまとめる構築力にも優れている。フレージングの自然さ、音色の多彩さも魅力であり、これらを駆使して楽曲の世界観を明確に提示していく。特にスクリャービンとシューマンで響く輝かしい音色は作品の輪郭を明確に浮き彫りにし、内包された物語を鮮烈に伝える。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2019年9月号より)

【information】
CD『4つの幻想曲/アンナ・フェドロヴァ』

スクリャービン:ピアノ・ソナタ第2番「幻想ソナタ」/ショパン:幻想曲/シューマン:幻想曲/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番(幻想曲風ソナタ)「月光」

アンナ・フェドロヴァ(ピアノ)

CHANNEL CLASSICS/東京エムプラス
PCCS41318 ¥2857+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]